ダンス

ダンスが上手いと下手の違いは?ダンスが必ず上達する5つを説明

今回は、

ダンスが上手い?下手?の違い。
ダンスが上達するための5つのポイント!

について書いていこう。

 

「最近ダンスを始めたけど、全然上手くならない…」

 

そんな人は多いと思う。

うんうん、わかるよ!
ダンスは難しいからね。

練習しても成果が出ないとやる気も無くなる。
もちろん運動神経や音感などのセンスの違いもある。

自分より遅く始めた人が早く上達…。
なんてことはよくある。

 

では上達が早い人と遅い人は何が違うのか?

 

これを知らないで練習しては勿体無い。
ダンスの上達にはコツがある!

この記事ではダンス初心者が”必ず上達できる”方法5つ紹介しよう。

これでキミもダンス下手を卒業だ!

 

ダンス初心者が必ず上達する方法5つ

 

見る・真似る

もしあなたがダンスレッスンに通っているなら、先生の動きをよーく見てみよう。
まずは「自分」ではなく「お手本」を見るということ。

特に振付の時は振りを形で覚えるだけでなく、どのように身体を使って動いてるのか?が見えてくると思う。

「肩の角度」「つま先」「ヒザの入れ方」「腕の使い方」など見るとこは沢山ある。

よく見て、よく真似る。

「真似」が上手ければダンスは必ず上手になるぞ。

 

この記事も合わせて読むとパワーアップ!⬇︎

上達
ダンス歴20年のプロがダンス上達法をガチアドバイスする!【最短!ダンス上達法】ダンス歴25年のプロが伝授!ダンスを最短で上達させる具体的なコツとアドバイス。あなたの練習法は大丈夫?ダンスが上手くなるための意識とは?...
振りが覚えられないタイトル画像
【完全版】ダンスの振り覚えが悪い理由とは?練習方法とメニュー【振り覚え】ダンス歴25年のプロが伝授!振り覚えが悪い理由と練習法。振り覚えには2タイプいる!あなたのタイプを知って効率よく振付を覚えよう!...

 

音をよく聴く

まず普段から自分の踊りたいダンスジャンルの音楽を聴こう。
さらに同じアーティストのMVやライブのダンスもイメージできるといい。

音慣れすると音感も良くなる。
音感が良くなれば、どの音でどの動きをとっているのか?が分かるようになってくる。

 

まずは音に慣れることが大事。
音に慣れると色々なリズムが拾えるようになる。
それに慣れるとイメージで動けるようになる。

 

レッスンに通っているのであれば、先生にオススメのアーティストなど聞いてみよう。

 

魅力アップタイトル画像
【表現力UP!】振付&ダンスの魅力を上げる具体的な4つの意識今回は、 「ダンス」や「振付」の表現力を上げる4つ を書いていこう。 衣装や小道具を使えば手軽にステージングは...

 

膝を使う

ダンスが下手な理由に1番多いのが

「膝の使い方」

がある。
これは初心者に差が出る大きなポイント。

 

膝が上手く使えないとリズムにノレてないように見える。
さらに、音のピッチが上がったり早い振付をやるときに動きが追いつかなくなる。

「早い動きについていけない!」

と思っている人は「膝の使い方」が悪いのかもしれない。

膝を曲げる時にしっかり曲げる。
伸ばす時はしっかり伸ばす。

膝は体全体をコントロールする大事な箇所なので、意識して練習しよう。

 

ダンスの早取りタイトル画像
【早取りはダメ?】ダンスの早取りの説明と原因・改善方法とは?【早取りはNG?】ダンス歴25年のプロが伝授!"早取り"と"遅取り"の違いとは?早取りはいけないこと?理由と練習方法を具体的にアドバイス。効率的に改善する秘訣とは?未経験、初心者は必見!...

 

大きく動いてみる

先ほどの「膝を使う」にも言えることだけど、小さく動いていては絶対に上達しない。

まずは思い切り大きく動いてみよう。

ダンスは鏡を見ながら動いたり、自分の踊る姿を見て学んでいくので慣れるまで恥ずかしいかもしれない。

しかし、その恥ずかしさが上達の弊害となる。

 

最初からできる人は誰もいない。
力が入り過ぎてしまうかもしれない、ガチガチかもしれない。

もし、大きすぎる動きがあればあとで修正すればいい。
まずは大きく!踊り動くことを意識しよう。

 

セカンドネイチャー
ダンス上達にはセカンドネイチャーが重要!その理由と身に付け方今回は、 ダンス上達するためにはセカンドネイチャー (本能)が必要! という内容を書いていこう。 早速、記事を...

 

動きと動きの「繋がり」を意識する

ダンスの難しさの1つに、「動きの繋ぎ」がある。

ポージングのように1つ1つの動きを覚えて、真似することは比較的簡単。
でも「動きを繋げる」のは難しいよね。

 

ダンスには手の動き、足の動き、ステップの入り方など、振りと振りを繋ぐ「流れ」がある。

どうやって手が出ているのか、足が出るのか、その流れを研究しよう。
自分の動きを動画撮影して見返し修正するのは凄く重要。

 

独学タイトル画像
【完全版!基礎〜振付】独学ヒップホップダンス練習メニュー!①【独学完全版!ダンス練習】ダンス歴25年のプロが伝授!ダンスを独学で上達させる具体的なコツとアドバイス。レベルに合わせた練習動画を紹介!あなたの練習法は大丈夫?ダンスが上手くなるための意識とは?...

 

ダンス下手と上手な人の違いを動画で検証!

 

下手な人の参考動画

 

 

運動神経悪い芸人などで人気な「アメトーーク!」の番組。

ダンスを真剣に取り組みたい人にとっては笑えないけど勉強になる。
動画はオーディション設定なので比較的大きくは動けてはいる。

でも、下手な共通ポイントとして、

 

・音に対して動きがあっていない
・膝が固くリズムが取れていない
・動きと動きが繋がっていない

 

以上が見られる。

 

上手い人の参考動画

 

 

こちらは上手い人というか、トップレベルなので飛躍しすぎかもしれない。

しかし、参考にするポイントはある。

 

・膝の使い方や動きと動きの流れのスムーズさ
・音に対して動きの強弱とアクセント
・指先からつま先まで意識された動き

 

繊細かつダイナミックなダンスは見事だよね。
しかも歌ってるし!

 

ヒップホップだけではなくダンスには様々なダンスがある。
理想のダンスを見つけて研究しよう!

 

リズム感
リズム感がいい人と悪い人の特徴は?リズム感トレーニング方法7つ今回は、 リズム感が悪い人の特徴は? リズム感をトレーニングする方法は? を書いていこう。 紹介するトレーニ...
sense-of-danceタイトル画像
未経験でもダンスのセンスが判断可能!その4つのポイントとは?【ダンスセンス】ダンス歴25年のプロが伝授!ダンスのセンスを判断するポイントを具体的にアドバイス。未経験、初心者でも判断可能!...

 

上手いと下手の違いとは?の最後に

ダンス初心者の為の上達するコツ5つを紹介してみた。

ダンスには様々なジャンルがあり、ジャンルにより細かい上達のコツはそれぞれあるかと思う。

でも、やはり1番大事なことは、

素直にダンスを楽しむこと

せっかくダンスを始めたのだから、楽しんで上達を目指そう!

 

決断
【ダンスに飽きたらやめる?続ける?】ダンス歴25年のプロが答える今回は、 ダンスに飽きてしまった!という人へ送ろう。 ダンスを続けるか?やめるか? に関して答えていこうと思う。 ...
あなたにオススメの記事!