ビジネス

「自分の才能」を見つけて人生を楽に生きていく考え方

今回は

「自分の才能」を見つけて人生を楽に生きていく考え方

について。

これは自分が20代後半の時にとても悩んだもの。
その際に多くの人からアドバイスをもらい、必死に調べた。
しかし、どれもあまりピンと来なかったのを今でも覚えている。

例えば、

少し得意なだけでもそれが才能だよ。
才能がない人なんていないんだよ。

そんなアドバイスをされても、

少し得意なくらいじゃ何の役にも立たなくない?
それで才能って言うなら、みんなうまくいってるはずじゃね?

という風に悩み、路頭に迷った記憶がある。

なので今日の記事は、

「過去の自分に教えてあげたい!」

そんな自分なりの才能の見つけ方を紹介しようと思う。

この方法は論理人間の自分でも納得できるような論理的な方法になっている。
これで、あなたの気持ちが楽になれば嬉しい。

才能は性質✖️武器である

まず1つ目のステップ。

 

才能性質✖️武器

 

だと理解すること。

なので、まずは仕事に生かせるメリットにフォーカスして、それぞれの性質を解説していこう。

共感性

共感性は人の感情や、その場の空気を敏感に読める性質のこと。

共感性が強い人は感情を大事にして会話や提案ができる。
さらに流行にも敏感なので、営業やマーケティングなどと相性が良いタイプ。

論理性

論理性は物事を論理的に評価できる性質のこと。

論理性の強い人はデータや数字など根拠をもとに物事を判断する力と説明する力が強い。
という特徴がある。
なので、人のマネジメントや法律や科学に強いというタイプになる。

創造性

最後に、
創造性とは誰もやったことがないような面白いことに価値を見出す性質のこと。

この性質が強い人は、自分がワクワクするようなものを作ることが大好き!
画期的な考え方をもとに物事を進めていくことができるので、アーティストや起業家などと相性が良い。

このように大きく3タイプに分類することができる。

創造性100%!
論理性100%!

という人間はこの世には存在しない。
全ての人が3つの性質を少なからず持っている。

なので4対5対1というように、大体の割合で自分を分析してみよう。

例えば、

自分は人に気を使えるタイプだと思う。
それなら共感性はある程度あるだろう。
何か起きた時に、その原因が気になるタイプなら論理性もある。
でも、新しく何かを作るのは、あまり得意ではないから創造性は弱い…。

ということは、

自分は「共感性」と「論理性」が強い人間だ。

という風に、自分の性質を見極めることができると思う。
それでは性質が分析できたところで本題に入ろう。

性質を才能にするには武器が必要

前述では性質に武器を掛け合わせると才能になるという話をした。

しかし創造性が強い人は、その性質だけでは才能にはならないのである。

例えば、
創造性が強く、いつも1人で何かを考えている少年がいるとする。
でも、それだけではただの不思議な男の子と思われてしまう。

しかし彼に絵の具という武器を与え、彼の想像性が「絵」という形になって初めて絵の才能があると認められ価値が生まれる。

同じように共感性が強く流行に敏感な人は、その性質だけではただのミーハー扱いされてしまう。
しかし、その性質に「SNS」「広告」を掛け合わせるとマーケターとしての才能がある人という風になる。

逆に論理性が強く頭が固いおじさんには、共感性が強い女子高生に刺さる広告は作れない。
作れるのは共感性が強く流行に敏感な人なのだ。

もちろん論理性も同じ。
論理的な思考と「プログラミング」「言葉」という武器を掛け合わせて、

エンジニアの才能がある。
マネジメントの才能がある。

と初めて認識されるもの。

そしてこのように

 

才能=性質✖️武器

 

という関係を知ることが、とても重要。

よく「才能がない人なんていない!」

と言われるけど、個人的には武器を持たない人に才能があるとは思わない。
逆に才能がある人は、自分の武器を理解して使いこなす。

自分の性質に合った武器を使って結果を出す。
そこで初めて性質は才能に進化する。

これを念頭に置くことがとても重要。

では、どのように武器を選べばいいのか?
次のステップは正しい武器の見つけ方について書いていこう。

性質を才能に変える武器の見つけ方

これは大きく分けて2つのポイントがある。

1つ目のポイントは、

自分の性質に合った武器を使うこと

例えば、
あなたがゲームで炎属性のキャラクターを使っていたとしよう。

炎

その時に炎属性の武器と水属性との武器があったら迷わず炎属性を選ぶと思う。

違う属性の武器を選ぶと力が発揮できない。

それは当然だよね?

そして、これは実生活でも全く同じ。

論理性が強い人は論理性に行った武器
共感性が強い人は共感性に合った武器

を選ぶことが大事。

それぞれの性質と相性がいい武器は、記事の最後にまとめて書いといた。
もちろん全てが当てはまるわけではないけど、参考程度に見てほしい。

そして武器を選ぶ2つ目のポイントは

需要がどれくらいあるか調べること

自分は論理性が非常に強いと思っている。
なので何か「文章を書いたり説明する」ような武器は、特に相性が良い武器と予測することができる。

それをもとに、たどり着いたのがこのブログである。

身体を動かすのも好きだけど、
自分がプレイヤーとして人前で踊るより、論理的に人に教える方が好き
というのも性質だろう。

そして、今後はYouTubeという武器を持ちたいと考えている。
YouTubeの市場の大きさと結果の出しやすさはブログより大きい。

2020年に5GBが導入されると通信速度が100倍になると言われている。
動画コンテンツ市場が伸びるのは明らか。
その一方でブログという文字だけの媒体は、それに伴ってオワコン化するのは何となく想像がつく。
そうなると、どちらの武器の方が結果を出しやすいか?

答えは明白。

今YouTubeのコンテンツ作りを進めています。
こちらの無料レッスンはコンテンツの一環です。
是非、ご協力お願いします。

無料レッスンであなたのダンスをビフォーアフター

 

以上を元に考え、

自分の性質に合っているか?
そして、需要がどれくらいあるか?

この2つを意識して武器を選ぶことがとても重要となる。

そうすることで、性質に合わない武器を使った場合よりも効率よく、そして楽しく結果を出せる。

 

「あれ!?自分はこんな才能があるんだ!」

 

というように、自分の才能に気づく
というのが自分が出した結論。

ダンスのセンスについてはこの記事に書いといたよ。

sense-of-danceタイトル画像
未経験でもダンスのセンスが判断可能!その4つのポイントとは?【ダンサー適性を判断したい!】キミのダンスセンス・才能を判断する4つのポイントを解説。ダンス歴25年の僕が過去の実例と経験を踏まえて説明します。ダンサーはどんなセンスが求められるのか?未経験で判断可能なセンスとは?黒人と日本人の違いとは?振付センスは必要なのか?...

では、才能を見つける最後のステップ!

武器の使い方を練習しよう

これは当然だけど、良い武器を選んでもその使い方を知らなければ結果は出せない

だからこそ武器の使い方を、人やコンテンツから学ぶことがとても重要になってくる。

例えば、
自分の武器としてマーケティングを選んだ場合。

コピーライティング」や「ブランディング」のノウハウをまとめた本から、「マーケティング」という武器の使い方を学ぶことができる。

同じように、その武器を使いこなしている人からノウハウや経験を学ぶことは非常に有効。

例えば、
その分野の経験が積める会社で働いてみたり、ミートアップやセミナーでその業界の人に会いに行ってみたり。

自発的に動けばいくらでも方法はある。

さらにGoogle先生で調べれば、無料でノウハウを手に入れることも非常に簡単。
これを利用しない手はない。

以下に激オススメの学べる1冊をピックアップしといた。
このブログにも生きているので、共感・論理タイプは是非読んで欲しい。

創造(起業)タイプはこれがいいと思う。

ユニクロ創業者
柳井さん。

一勝九敗|柳井 正 (著)

サイバーエージェント創業者
藤田さん。

渋谷ではたらく社長の告白|藤田晋 (著)

不安
もっと楽に生きる!不安を簡単に吹き飛ばす3つの方法今回は不安や心配の直し方について。 例えば、 もっと楽しく生きたいのに常に何かを心配してしまう。 考えすぎだとわか...

 

そして最後に、これは言うまでもないけど、

武器は実際に使わなければ上達しない。

いくら営業の本を読んでも、自分で営業しなければ上達しない。

自分の性質に合った武器を選び、その基本的な操作方法を学んだらあとは実践あるのみ。

実践改善繰り返す

これで性質は磨かれ才能に進化する。

「自分の才能はなんだろう…。」

と頭で考えても性質は性質のまま。
武器を使って結果にコミットすることに意識する。

これを実践してみよう。

それでは最後に才能を見つける3つのステップをまとめていこう。

【自分の才能を見つけて人生を楽に生きていく考え方】のまとめ

初めに「才能=性質✖️武器」だと理解すること。

例えば、
共感性という性質に営業という武器を掛け合わせると、「営業の才能」があるという風になる。

自分の性質に合った上で需要が見込める武器を見つけること。

使い方を練習して結果にコミットすること。

そうすることで性質は武器と掛け合わさり才能に進化する。
そして性質ごとの武器はこのようになる。

◆共感性
マーケティング・SNS・営業・対話/言葉・コーチングなど

◆論理性
マネジメント・法律・化学・組織づくり・プログラミング

◆創造性
起業・芸術・音楽・エンターテイメント・文学

これは大まかに分類したもの。
例外なく当てはまるものでは決してない。

ただ「何から始めたらいいかわからない…。」

という人は上記をヒントにしてみよう。

最初に伝えた、「絵の具を渡した男の子」。
彼1人では絵の才能を世に出すことは難しいだろう。
その才能を世に出してあげるのが「共感性、論理性の人達」の仕事だと思う。

このようにポジション、役割を理解しておくと人生が楽になると思う。

下記の書籍では、認知特性という自分の特性パターンが把握可能。
今回の内容と合わせて読むと、さらに自分を理解できる。
是非、自分の才能を見つけてほしい。

医師のつくった「頭のよさ」テスト
認知特性から見た6つのパターン (光文社新書)

あなたにオススメの記事