ダンス

ダンス歴20年のプロが教える!振付の作り方と選曲のコツとポイント!

 

今回は、

ダンス歴20年以上のプロが振付の作り方をレクチャー!

という内容を書いていこう。

 

学園祭や文化祭、結婚式の余興など

ダンスを踊りたいけど振り付けが考えられない…。

今回の内容は、そんなダンス未経験者や初心者は必見!
ダンス振り付けのコツをご紹介しよう。

 

振り付けを考えるにはちょっとしたコツがある。
まず何から手を付けるべきか、詳しくご説明するぞ。

合わせてダンスの振り付けの参考になる動画や、選曲方法のアドバイスもしていくよ。

 

ダンスの振り付けを考える手順とは?

まずは、振り付けを考える手順を書いていこう。

ダンスの振り付けは、単にダンスを考えればよいというわけではない。
そこで、ダンスの振り付けを考える際に必要な流れを紹介。

 

①誰に向けて踊るのか明確にする

まず、振り付けを考える前に“誰に向けて踊るのか“を明確にしよう。

 

誰に何を伝えたいのか?

 

これをはっきりさせることで、振り付けのコンセプトや目的が大きく変わってくる。

 

②踊る場所を明確にする

誰に向けて踊るのかはっきりさせたら、今度は”踊る場所”を明確にしよう。

ステージ、舞台状況や広さによっては振り付けや人数、構成を変える状況が出てくる。

 

③使用する曲を選ぶ

次は、使用する曲を選ぼう。

選曲によってダンサーやチームのイメージが決まるといっても過言ではない。
そのため、数日~数週間ほど選曲に費やすのがベスト!

 

洋楽か邦楽か、流行りの曲か有名な曲かオリジナルか。
おすすめは「歌詞入りの曲」。

歌詞入りの曲を選ぶことで、歌詞に合わせた振り付けを考えることができる。

 

余興などは1曲だけの使用が多くなるので問題ないけど、チームダンスではMIX音源になるので曲の緩急(ストーリー)が重要。

知り合いのDJに頼んだり、曲の繋ぎを自然に作ろう。

 

テンポ
ダンスの練習に役立つ!音源の音程や再生速度を変えれるアプリ今回は、 ダンスの練習に役立つ!音源の音程や再生速度を変えれるアプリ の紹介。 今から紹介するアプリはダンスで...

 

④振り付けの参考になる動画をチェックする

次は本格的に振り付けを考えていこう。

そうは言っても、ダンス未経験者や初心者は何をどうすればカッコよく見えるか分からないと思う。

なので、まずは振り付けの参考になるMV・PV、振り付け動画をチェックしよう。

 

⑤鏡の前で動いてみる

参考になる振り付け動画を見つけたら、今度は実際に鏡や姿の写る窓の前で動いてみよう。

 

最初はオリジナルの振り付けじゃなく、何となく真似でもいい。
それに慣れてきたら、アレンジしていく。

 

ここで大切なことは、座って動画をチェックしてるよりも、実際に体を動かす時間が多くすること!

それが、振り付け完成への近道。
“動いて慣れろ”これが最短。

 

シンクロタイトル画像
【シンクロ率UP!】振付とダンスの動きを揃える練習方法とは?今回は 振付の動きを揃えたい! そんな要望に応えるよ。 ダンスコンテストや発表会。 気合の入った余興、イベントなどに...

 

⑥振り付けを動画で撮影する

振り付けを考えたら、すぐに動画に撮影しよう。

経験が少ないと自分の姿は少し恥ずかしいけど、振り付けを忘れないように記録しておくのがポイント。

考えた振り付けや動きを確認する目的もある。

 

振りが覚えられないタイトル画像
【完全版】ダンスの振り覚えが悪い理由とは?練習方法とメニュー【振り覚え】ダンス歴25年のプロが伝授!振り覚えが悪い理由と練習法。振り覚えには2タイプいる!あなたのタイプを知って効率よく振付を覚えよう!...

 

ダンスの振り付けのコツ5つ!

ここまでダンスの振り付けを考える手順を説明してみた。

次はダンスの振り付けを考えるコツを紹介していこう。
コツを掴めば、振り付けの苦手意識が少なくなるはず!

 

簡単コピーダンス
【男女・未経験・初心者別】簡単に踊れるコピーダンスベスト5選①流行った曲!?簡単に踊れるコピーダンス① 今回は「流行った曲!?簡単に踊れるコピーダンス」 と題して、ダンス歴25年の僕が悩んで...

 

①左右で同じ動きを繰り返す

振り付けが浮かばない時に最も楽な埋め方がある。
それが、

 

左右で同じ動きを繰り返すこと。

 

ステップでも左右の動きがあるように、振り付けも左右で同じように繰り返すことで、カウントを埋めることが可能。

これで振り付けの印象をアップすることもできる。

 

魅力アップタイトル画像
【表現力UP!】振付&ダンスの魅力を上げる具体的な4つの意識今回は、 「ダンス」や「振付」の表現力を上げる4つ を書いていこう。 衣装や小道具を使えば手軽にステージングは...

 

②構成を工夫する

ダンスでいう構成とは、フォーメーション、ポジショニングや移動を意味する。

構成を工夫することで、同じ振り付けでも違った印象を与えることが可能になる。

 

円になったり、三角になったり、縦に並んだり。
構成をノートに書き出して、動きのある作品に仕上げよう。

アイドルユニットの構成は意外と勉強になるぞ!

 

モー娘。振付
【モー娘。この振付が凄い!】プロが選ぶTOP5!あの曲が1位!今回は、 モー娘。の過去シングル振付TOP5 という内容で書いていこうと思う。 昔から言われてるけど、ハロプロのパフォーマ...

 

③縦と横の動きを交互に入れる

縦と横の動きを交互に入れることによって、作品に躍動感が生まれる。

要は動きや構成に立体感を作るということ。

 

横の動きだけでは平面的な二次元の動きになりやすい。
逆に縦の動きだけでは、観客に動きが伝わりにくい。

なので”横と縦の動きを上手く混ぜる“と、振り付けの魅力が上がる。

 

例えば、

縦にジャンプをしたら、次は横にステップで移動するなど。
これは、ポージングの際にも同じことが言える。

手を上げたり、体が上に伸びる”縦のラインを意識”したポーズ後には、腰を低くしたり体重を横に乗せたり”横のラインを意識”したポーズをするといい。

 

観客の目を散らす動き。

 

を意識すると、ダンスを観客に飽きさせない効果もある。

 

稼ぐダンス
「お金を稼ぐダンス」と「お金を稼げないダンス」の違いとは?今回は、 「お金を稼ぐダンス」と「お金を稼げないダンス」の違い について。 まずダンスの現状から説明しよう。 ...

 

④振り付けを詰め込まない!

振り付けを考えるときは、1カウントに1つの振り付けをする!

という詰め込む必要はない。
むしろ、必要なのは足し算ではなく”引き算“。

 

ダンスの振り付けを詰め込みすぎると、1つ1つの動きが流れて雑になりやすくなる。

そうなると、観客に伝える力も弱くなってしまう。
振り付けはカウントに対して「足りないかな?」と感じるぐらいで十分。

でも動きが少なすぎるのも面白みに欠けるので、動画を参考にしてバランスを考えてみよう。

 

上達
ダンス歴20年のプロがダンス上達法をガチアドバイスする!【最短!ダンス上達法】ダンス歴25年のプロが伝授!ダンスを最短で上達させる具体的なコツとアドバイス。あなたの練習法は大丈夫?ダンスが上手くなるための意識とは?...

 

⑤音楽の裏に隠された音を聞く

音楽の裏に隠された音を聞くことで、曲にマッチしたリズムの取り方ができるようになる。

メロディーの奥に隠された効果音、楽器の音や声は、その曲を形作る大事な要素。

静かな場所でイヤフォンを使用して聞くことで、新たな発見が得られるかもしれないぞ。

 

リズム感
リズム感がいい人と悪い人の特徴は?リズム感トレーニング方法7つ今回は、 リズム感が悪い人の特徴は? リズム感をトレーニングする方法は? を書いていこう。 紹介するトレーニ...

 

ダンスの振り付けの参考になる動画を紹介

次は、ダンスの振り付けの参考になりそうな動画を紹介しよう。
観客に与えたい印象別に分けてみたぞ。

 

キュート・カワイイ編

キュート、カワイイイメージを前面に出せるダンスの振り付け動画。
1部分を切り取って、そこからオリジナルの振り付けを考えてみよう。

 

「TT」
TWICE

 

TWICE/I want you back
【TWICE/I want you back】コピーダンス衣装&音源&手本動画【アドバイス】今回はコピーダンスに関してアドバイスする記事だぞ。 「コピーダンスの練習方法が知りたい!」 「コピーダンスの衣装と練習場所を...

 

 

「大声ダイヤモンド」
AKB48

 

恋するフォーチュンクッキー
【AKB48 / 恋するフォーチュンクッキー】コピーダンス衣装選び&関連グッズ今回はコピーダンスに関してアドバイスする記事だぞ。 「コピーダンスの練習方法が知りたい!」 「コピーダンスの衣装と練...

 

クール・カッコイイ編

お次はカッコイイ編。
カッコよく決めて、あの子の心を動かせ!

 

「BangBangBang」
BIGBANG

 

「Uptown Funk」
Mark Ronson ft. Bruno Mars

 

エンタメ共通点
漫才師【ミルクボーイ】と歌手【ブルーノ・マーズ】の共通点と学び2019年12月22日。 M1グランプリで過去最高得点を取り優勝をしたミルクボーイ。 そして、グラミー賞...

 

一緒にエンジョイ編

子ども向けのイベントや地域の催し物でダンスを披露するときに役立つ振り付け動画。

 

「おどるポンポコリン」
E-girls

 

おどるポンポコリン
【E-girls/おどるポンポコリン】コピーダンス衣装&音源&手本動画【アドバイス】今回はコピーダンスに関してアドバイスする記事だぞ。 「コピーダンスの練習方法が知りたい!」 「コピーダンスの衣装と練習場所を...

 

「Goサインは1コイン」
カフェラテ噴水公園 feat.にゃんこスター

 

「やってみよう」
WANIMA

 

「ガンバリアン体操」
佐東龍一(振り付け)

 

ウェーブ
【ウェーブの種類と練習方法】プロダンサーが具体的に解説する!今回は、ダンススキルの1つ ウェーブの練習方法をご紹介しよう。 ・そもそもウェーブってなに? ・ウェーブの種類...

 

結婚式の余興編

結婚式の余興におすすめの振り付け動画。
”おめでとう”の気持ちが伝わる、ハッピーな曲を選んでみよう。

 

「You can’t stop the beat」
Gleeより

 

「PECORI NIGHT」
Gorie with Jasmine & Joann

 

 

この他に振付の曲や衣装の参考になる記事まとめ⬇︎

シューズ
<コピーダンサー>コピーダンス活動とアドバイスの記事まとめ https://reaaal-dance.com/easy-copy-dance/ https://reaaal-...

 

独学で頑張ってる人のサポート記事⬇︎

独学タイトル画像
【完全版!基礎〜振付】独学ヒップホップダンス練習メニュー!①【独学完全版!ダンス練習】ダンス歴25年のプロが伝授!ダンスを独学で上達させる具体的なコツとアドバイス。レベルに合わせた練習動画を紹介!あなたの練習法は大丈夫?ダンスが上手くなるための意識とは?...

 

最後に、そもそも最初の曲選びでつまずいている人!
に向けて選曲するポイントを書いていこう。

 

振り付けを考えるオススメの音楽とは?

以下のポイントで選曲すると振り付けがしやすくなるぞ。

 

歌詞の付いた曲

振り付けを考えるのが初めて。

こんな人は、ぜひ歌詞の付いた曲を選ぶようにしよう。
洋楽でも邦楽でもOKだけど、口ずさみながら練習できる曲がベスト!

 

歌詞のある曲なら、楽しい歌詞なら楽しく、面白い歌詞なら面白く。

 

というように、歌詞に合わせた振り付けを考えることができる。
歌詞に出てくる単語を切り取るだけでも、振り付けのレパートリーが結構できるはず。

 

コピーダンスタイトル画像
コピーダンスを覚えるコツと練習方法とは?曲を〇〇する事が重要!【コピーダンスの覚え方】ダンス歴25年のプロが伝授!コピーダンスの覚え方、練習方法を具体的にアドバイス。効率的に覚える秘訣とは?未経験、初心者は必見!...

 

有名でメジャーな曲

誰もが1度は聞いたことのある有名な曲を選ぶ。

 

これでダンスに興味のない人も楽しむことができる。
さらに、耳に馴染んだ曲で踊ることで曲を聞きこむ時間を短縮する効果もある。

 

ダンスは観客に伝わってなんぼ。

 

誰も知らない曲で振り付け、ダンスを伝えるには経験とスキルも必要になる。
観客に届けることを意識するなら、知名度の高い曲を選ぶことがオススメ。

 

抑揚のある曲

単調なテンポや音量の曲を選ぶと、振り付けを考えてもすぐに限界がきてしまう。

できるだけ展開や抑揚のある、アップテンポの曲を選ぶといい。

イントロのワクワク感、サビの盛り上がり、ラストのドラマティック感など。
曲の良さを最大限活かして振り付けしよう。

 

BPM
【音源BPM】この曲のスピードは?テンポや早さを測るアプリ!【ダンス音源BPM】ダンス歴25年のプロが伝授!音源の早さを調べる方法とは?オススメアプリとBPMを測る方法を具体的に解説!...

 

編集しやすい曲or3~5分の曲

特にMIX音源を作る際には、必ず編集しやすい曲を選ぶよう心掛けてほしい。

 

もし編集なしで1曲のみであれば、3~5分程度の短めの曲を選ぼう。

 

3~5分程度なら、ダンス未経験者や初心者でも頑張れば確実に振り付けを考えることができる。

さらに、3~5分のダンス作品は観客にとっても1番丁度よく心地良く感じると思う。

 

プロとアマ
プロダンサーとアマチュアダンサーの違いを具体的に説明する今回は、 プロダンサーとアマチュアダンサーは何が違うのか? というテーマで書いていこうと思う。 これはダンスに...

 

自分で作るのが難しかったらスタジオへGO!

今回は、振り付けの手順やコツ、参考にしたい動画や選曲のポイントを紹介してきた。

 

とは言っても、プロダンサーにとっても振り付けは大きな課題。

 

振り付けが思い浮かばずイライラしたり、何時間も鏡の前に立っていたり。
こんなことは日常茶飯事。

本当に調子悪い時は、プロが数人集まっても4エイトに数時間かかる場合もある。

 

なので、ダンス未経験者や初心者は振り付けが難しいと感じたらダンススタジオに足を運んでみよう。

 

実際にプロの振り付けを踊ることにより、アイデアが浮かぶかもしれない。
インストラクターにアドバイスを聞いてもいい。

 

あなただけのオリジナルの振り付け

 

これを生み出せるように頑張ろう!

 

初めてのスクールタイトル画像
初めてのダンススクール!失敗しない選び方と判断基準の8つとは?約7分で読めます 今回は、 ダンススクールが多過ぎてよくわかんない! という人にオススメの内容。 ...
あなたにオススメの記事!