ビジネス

スニーカー「ジョーダンブランド」単独で史上初!売上10億ドル

今回は、

世界最大手のスポーツ企業「Nike(ナイキ)」
のジョーダンブランド売上の話題。

 

ナイキとダンスは切っても切り離せない。
アンテナ高いインテリダンサーは、こういう企業レベルでも情報を得ていく。

 

そんな「Nike(ナイキ)」だが、
2020年度の第2四半期決算(6月~11月)を発表した。

その報告によると、総売上高は12%増の98億ドル(約1兆700億円)に達し、なかでも傘下の「ジョーダンブランド」は、単独では史上初となる売上高10億ドル(約1,100億円)を記録したという。

 

ジョーダンといえばスニーカーの「エアージョーダン」

 

『エア・ジョーダン(Air Jordan)』とは…

アメリカのスポーツ用品メーカー・ナイキ(NIKE)から発売されているマイケル・ジョーダンモデルのバスケットボールシューズ。

その名称に関して、「エア」部分は、エアクッション技術を用いたシューズであることと、マイケル・ジョーダンのニックネームが”エア”であった(ジャンプの滞空時間が長かったことによる)ことと二重の意味合いが含まれている。

「ジョーダン」部分に関しては、マイケル・ジョーダンのシグネチャーモデル、そしてジョーダンシリーズであることを意味している。また、略称として「AJ」とも呼ばれることもある。

 

エアジョーダンはここから始まった。

 

AIRJORDAN 1 (1895〜)
エアジョーダン

 

現在ナイキの最高経営責任者であるマーク・パーカーは、「ジョーダンブランド」の躍進を“信じられない出来事”という。

 

その要因は
「質の高い成長」

 

その中でも、

シリーズ最新作「エアジョーダン34
不朽の名作「エアジョーダン 1
そして
アパレル部門

これらが今回の売上に大きく貢献した。

 

これが「エアジョーダン34」だ!

 

エアジョーダン 34

 

前作「エアジョーダン 33」に関するフィードバックを集めるところからスタートしたという『エアジョーダン 34』

ソールとアッパーから必須とされない素材を全て取り除き、アスリートが必要とされるものだけを取り入れている。

 

エアジョーダン34

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Soar as one. The #AirJordan XXXIV belongs in flight.

Jordan(@jumpman23)がシェアした投稿 –

これはダンスでも十分使えそう。

ダンスに最適なスニーカーはバスケのような”切り返し”や”細かいアクション&ジャンプ”に対応できるスニーカーがベスト。

軽さでいうとスケーターブランドでも良いけど、ソールが硬いので下半身にダイレクトな負荷がかかる。

その点でも、アスリートに特化したスニーカーはダンスに向いている。

 

スニーカー
【激レア】世界で最も高いスニーカーTOP10!1位はあの...ダンサーの必須アイテム! スニーカー。 今回は世界で最も価値の高いスニーカーのランキングを書いていくぞ。 スニーカーマ...

 

ジョーダンブランドの展望

将来の展望について最高経営責任者であるマーク・パーカーはこう言っている。

 

「これからさらにJordanシリーズのポートフォリオが多様化されるが、Nikeはまだその初期段階にいる」

 

NIKEブランドの現在の勢いを象徴するアイテムとして、先日復刻発売されたエアジョーダン 11 “Bred”を挙げている。

 

エア ジョーダン 11

 

本物⬇︎
エア ジョーダン 11価格: ¥44,600

Husk’Sware⬇︎
類似モデルスニーカー価格: ¥2,799 – ¥3,299

これでも十分練習にはイケてると思う!

バスケ

 

Chance the Rapper
CDや音源を売らないビジネスモデルで〇〇億を稼ぐラッパー今回は、 CDや音源を"売らない"ビジネスモデルを確立したラッパー について。 このラッパーのビジネスモデルは...

 

あなたにオススメの記事!