ビジネス

【富豪の法則】お金を稼ぐ本質とは?稼ぐ法則を大富豪から学ぶ

 

今回は、

 

大富豪がわが子に伝える秘密の法則

 

について紹介していきたいと思う。

 

この本には、一代で財を成した億万長者たちによる、資産を築き自由で充実した人生を送るための100の教えが書かれている。

 

人生に役立つ、行動や考え方を変えるきっかけになった本。

 

著者のスティーブシーボルド氏とは?

人材育成会社シーボルトサクセスネットワークの代表。

その傍ら自己啓発のセミナー講師としても活躍していて、そのセミナーは世界中から依頼があるほど代人気。

 

そして収入は世界の講演家のトップレベル。
まさに一代で億万長者になったすごい人。

そんなスティーブシーボルドさん。
大学時代はとても貧乏だったそう。

 

その時に、

どうしたらお金持ちになれるのか?

ということを常に考えていた。
そこである行動を起こす。

それは、

 

1200人以上の億万長者に面会を求め、成功の秘訣をインタビュー

 

この発想と行動力自体が大富豪への一歩だったよね。

 

この本は、そんなシーボルトさんが成功者たちに聞いた

自分の子供に何を教えるか?

ということが100個書かれている。

 

この内容は子供だけじゃなく、お金持ちになりたいあなたにとっても必ず参考になるはず。

今回は全部紹介できないので、その中で人生に関する大事な考え方2つを説明していきたい。

 

成功の質問タイトル画像
【成功者の共通点】シンプルな1つの質問でわかる。キミはどっち?成功者と呼ばれる人には共通点がある。 全ての人が例外なく、それを実践している。 今回はそんな話をしていこう。 成功する...

 

まず1つ目の話

 

①解決策を考えなさい

お金持ちの人というのは、人が困ってることを解決する商品やサービスをたくさん売ることでお金持ちになっている。

 

例えば、

昔は駅の改札で人が切符を切っていて、とても時間がかかっていた。
平成生まれには想像できないだろうw

自分が小学校の時は駅員がパチパチしていたんだよね。

 

これで、どんだけ時間と人を浪費していたかわかる。
一枚一枚切符を切ってたらそりゃ時間がかかって不便。

 

自動改札機の歴史とは…

近畿日本鉄道(以下「近鉄」と呼ぶ)をはじめとする大手鉄道会社では、自動改札システム導入によって駅内混雑が解消できないかという議論が行われていた。

1964年2月、近鉄は自動改札機開発のための研究会を立ち上げ、大阪大学との共同研究を開始した。

さらに同年9月からは、機器メーカーとして立石電機(現 オムロン(1990年に社名変更)、以下「オムロン」と呼ぶ)も参加した。

引用:戦後日本のイノベーション

 

そこで不便だ!解決したい!
と思った人が自動改札機を作り、普及させたことでお金持ちになった。

 

また洗濯機などの家電もそう。

昔は洗濯板で洗っていて、それが不便だと考えた人が洗濯機を作り儲けた。

 

現代のあらゆる商品やサービスは、

これがあればもっと便利なんじゃないか

と考えた人が作り、それによって莫大な財産を作った人は世の中にたくさんいる。

 

ホリエモン
貯蓄は悪!?お金は◯◯に投資しよう!あり金は全部使えホリエモンこと堀江貴文氏の著書 あり金は全部使え のポイントを書いていくよ。 この本の...

 

今から商品・サービス開発は遅いのか?

これ読んで、

これだけ商品・サービスがあったら遅くない?

と感じる人もいるだろう。
確かに、ありとあらゆる商品があって物凄く便利な時代。

 

でも今も実は不便な事ってある。
ただそれに気づいてないだけなんだよね。

 

例えば、

スマホが誕生してからわずか10年ちょい。
でもスマホがない時代を思い出して欲しい。

特に日常生活に不便って感じてなかったよね。

 

ガラケーしかなかった時代にスマホみたいなものが欲しいって誰か思ってた?
いや、誰も思ってなかったはず。

 

それはみんなイメージできなかったから。
でも、今から10年以上のスマホがない時を思い出すとめっちゃ不便。

Google Mapはない。
動画も気軽に観れない。

 

このように10年以上前に現状に疑問を持ち、

スマホみたいなものがあったらもっと便利だ!

それを作り行動した人が、そのままお金持ちになっている。

 

iPhoneを作り出したスティーブジョブズがまさにそう。

 

スティーブ・ジョブス
【スティーブ・ジョブズ】人生を変える3つの名言とは?IPhone ・iPad・ MacBookの生みの親であり、テクノロジーを進化させ世界に衝撃を与え続けた伝説の経営者スティーブジョブズ。...

 

確かに今の時代はいろんなサービスや物が生まれていて便利。
だから新しいサービスを生み出すのも昔よりも難しい。

しかし、確実に今でも不便な事ってある。

 

例えば、

毎日何気なくしている歯磨き。
お風呂に入ること。

 

歯磨きは電動歯ブラシがあるけど、さらに効率良い商品ができるかもしれない。
もしかしたら10年後は、磨く作業さえ必要ない仕組みが作られてるかも。

 

それを今から考えて作った人がお金持ちになる。

当たり前の事に疑問を持つ!

これが大切。

 

不便だと気付き行動した人にチャンスが生まれる。
是非覚えておこう。

 

しかし、アイデアだけでは物足りない。
物を売る「マーケティング」と「組織作り」も必須スキル⬇︎

 

戦略
【競争戦略】勝ち続けたいなら変人になれ!勝てる戦略の考え方とは?今回は、 ストーリーとしての競争戦略 〜優れた戦略の条件〜 という本から 知ってるようで知らない。 ...
チェゲバラ
人を動かす原則を3つ解説!あなたがリーダーになれない理由とは?今回は、ズバリ! リーダーに必要な人を動かす方法 のポイントを書いていきたいと思う。 ・周りから尊敬される...
伝え方
【伝え方で人生を変える!】人をYESと言わせる交渉術今回は、 相手からYESを引き出して有利な展開を作る"伝え方"を書いていこう。 そのためには、まずこの本を紹介する。 ...

 

では2つ目の話

 

②自分の強みに意識を向ける

大きな成果を挙げてる人

この人達は多才である必要はない。
むしろ特定の分野に秀でてるだけの人が多い。

あのアインシュタインがこんな名言を残している。

 

アインシュタイン

誰もが天才として生まれてくる。

しかし、もし魚を木登りの能力で評価したら自分が愚かだと思い込んだまま生涯を終えるだろう。

 

確かに。
これ良い言葉だよね。

人間は誰でも得意、不得意がある。
だけど得意なことだけで過ごしてる人は少ない。

 

もし今あなたが、

「自分は何をやってもダメだ…」

 

と思い過ごしてるなら、

 

魚のような泳ぐ才能を持って生まれたのに、木登りばっかりやってる可能性もあるって事。

 

でも毎日忙しく過ごしていると、やらなければいけないことがたくさんあって自分が何が得意で不得意か分からない。

 

ここで少しだけ思い出してみよう。

 

あなたは何が得意だったか?

音楽が好きだった
絵が得意だった
皆をまとめるのが上手だった

 

どんなことでも自分が得意なことがあったと思う。

あなたがどれだけ不得意な分野で頑張っても、さっきのアインシュタインの話のように木登りしようとする魚だったら全て無駄な努力で終わってしまう。

 

つまり成功者になるためには、

 

不得意な分野で頑張るのではない。
自分が得意とすること、やりたいことをやること。

 

これ読んで思ったのは、やりたいことってなかなか見つからないようなぁて。

得意なことなんてないわ…。

って人もいることだろう。

 

自分だってダンスをやってきたけど得意と思って始めてないし。

これが得意だから!
これをずっとやりたい!

みたいな事って正直あまり見つからないと思う。

 

価値
【自分の価値の上げ方】〇〇は人が求める数で決まる!今回は 自分の価値って何?自分の価値を上げるには? というお話。 最初に武井壮さんのエピソードから学んでいこう...
悟り
人生はお金だけじゃない!豊かな人生を送るための必要な7つ今回は、 豊かな人生に必要な7つ というテーマで書いていこうと思う。 自分はほとんどの期間を、ダンスで過ごして...

 

得意を見つける方法

得意なことを自覚するのは難しい。
でも、得意なことに気付くきっかけを作ることは可能。

 

その方法が、

 

これなら出来るかも!
やるのが嫌じゃない!

という事に取り組み続ける。

 

って方法。

要は「好きなこと」や「興味あること」をひたすら続けていく。
そして、ほんの少しでも誰かの役に立てる喜びを感じたら、それがあなたの得意な事になる。

 

だからもし、あなたがやりたいことや得意なことが見つからなかったら、

できるかも!
やるのが嫌じゃない!

ことをやってみて欲しい。

 

始めてみることでしか分からない事って必ずある。
もし、あなたが自分の得意なこと、やりたいことを自覚しているなら余計なことに力を使わずそれに集中しよう。

 

今はSNSを利用すれば、どんなニッチなジャンルでもお金を稼ぐのは可能。
今からでも遅くないので是非トライしてみよう。

 

ダンスで稼ぐことは可能なのか?

 

正直、エンタメの世界でダンスは最も稼ぎにくいと思う。
これを書いてしまうと夢がないけど事実。

ツイートにも書いたけど、もしダンスで金持ちになりたいなら経営側になるべき。
それでもサービスやニーズを生み出すハードルは高い。

まだ歌や音楽、演技の方が夢があるよね。

 

 

錯覚資産
【錯覚資産】人生を好転させるには〇〇○させる事が重要!今回は、最近読んだ本で良かった考え方をシェアしていこうと思う。 その本とは、 人生は運よりも実力よりも勘違いさせる力で決...
ダンスの厳しさタイトル画像
【実体験】プロダンサーを目指すなら覚悟しておくべき7つ 今回は厳しい内容を書いていこう。 「ダンスで食べたい! 」 「プロダンサーを目指す!」 そ...

 

【大富豪になる法則】のまとめ

 

これまで2つの話を書いてきた。

 

解決策を考えよう

お金持ちになるには、人が気づかないような問題点の解決策を考えること。
大勢にとっての不便を便利にすることで多くのお金を得られる。

自分の強みに意識を向けよう

どんなに頑張っても不得意なことでは成功できない。
自分の強みを見つけてそれをひたすらやり続ける。

 

これでのこの本についての話は以上。

他にも一代で億万長者になった人たちの教えがたくさん書かれている。
興味がある人は、この本読んで人生に役立てて欲しいぞ!

 

あなたにオススメの記事!