ビジネス

2019年最も稼いだ!長者ラッパーランキングTOP10

今回は、

2019年“1年間で最も稼いだラッパーランキング”

を書いていこう。

ヒップホップカルチャーの要素は3つある。

ブレイクダンス
グラフティー
DJ
そしてラップだ。

 

ヒップホップカルチャーの中で最もマネーメイクできるのがラップである。
DJも熱いがラップとDJは近い存在なので、音楽系はやはりビジネスとして大きい。

グラフティーもアートとして億単位の価値を生む可能性がある。

悲しいかな、ダンスが1番お金(ビッグマネー)になりにくい…。
肉体労働って感じするよね。

 

という話ではなく、

2019年最も稼いだラッパーの話題である。

音源を売らないで”億”を稼ぎ出すのは、このラッパーだ!⬇︎

Chance the Rapper
CDや音源を売らないビジネスモデルで〇〇億を稼ぐラッパー今回は、 CDや音源を"売らない"ビジネスモデルを確立したラッパー について。 このラッパーのビジネスモデルは音楽業界...

米経済誌『Forbes(フォーブス)』による発表

 

『Forbes(フォーブス)』

アメリカ合衆国の経済誌。
本社はニューヨーク。

フォーブス一族によって経営されている。
世界中のビジネスニュース、ランキング、テクノロジー、リーダーシップ、アントレプレナー、ライフスタイル、 投資、金融ニュースを配信しており、毎年春に発表する世界長者番付で広く知られる。

ダンサーの菅原小春が、米フォーブス誌2019年「30 under 30」

世界に影響を与えるアジアの30歳以下のタレント30人の1人としてエンタメ部門にて日本人で唯一選出された。

そんなフォーブスランキングだが、

“1年間で最も稼いだラッパーランキング”の2019年度版が発表された。

稼ぎすぎ!2019年ラッパーランキングTOP10

 

それでは10位から見ていこう。

 

10位 Childish Gambino
(チャイルディッシュ・ガンビーノ)
3,500万ドル(約38億円)

ドナルド・グローヴァー(Donald Glover)
アメリカ合衆国の俳優、映画・ドラマプロデューサー、脚本家、コメディアン、歌手、ラッパー。
チャイルディッシュ・ガンビーノ (Childish Gambino) として音楽活動も行っている。

httChildish Gambino -wiki-

Childish Gambino

 

9位 Migos
(ミーゴス)
3,600万ドル(約39億円)

2008年にジョージア州ローレンスヴィルで結成されたアメリカ合衆国のヒップホップトリオ。
Quavo、オフセット(英語版)、テイクオフ(英語版)の芸名で知られるラッパー3人から構成される。

Migos -wiki-

Migos

 

8位 Kendrick Lamar
(ケンドリック・ラマー)
3,850万ドル(約41億円)

アメリカ合衆国のラッパー、ソングライター、音楽プロデューサーである。
12個のグラミー賞受賞を含む、多くの称賛を受けている。
2013年初めMTVによって「最もホットなラッパー」に選出。
度々「ヒップホップの新王者」と称される。

Kendrick Lamar -wiki-

Kendrick Lamar

 

7位 DJ Khaled
(DJキャレド)
4,000万ドル(約43億円)

アメリカ合衆国のDJ。
イスラム教徒で、本名はカリッド・モハメド・カリッド、パレスチナ系アメリカ人である。
主に音楽プロデューサーとして有名。
人気ラッパーFat Joeが在籍している「Terror Squad」の一員でもある。

DJ Khaled -wiki-

DJ Khaled

 

5位 Travis Scott
(トラヴィス・スコット)
5,800万ドル(約62億円)

アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のラッパーである。本名はジャック・ベルマン・ウェブスター II。
カニエ・ウェスト率いるグッド・ミュージックと契約。
そして2013年4月にT.I.が率いる、グランド・ハッスルと契約。

Travis Scott -wiki-

Travis Scott

 

6位 Eminem
(エミネム)
5,000万ドル(約54億円)

アメリカ合衆国のヒップホップMC、プロデューサー、俳優。
全世界で2億2000万以上のアルバム&シングルを販売。
「世界史上最も売れたアーティスト」にてラッパー史上世界で最も売れている人物。
グラミー賞15回受賞(44回ノミネート)。
9枚のアルバムをビルボード 200 で連続してナンバーワンでデビューさせた、唯一のアーティスト。

Eminem -wuki-

Eminem

 

4位 Diddy
(ディディ)
7,000ドル(約75億円)

別名 パフ・ダディ(Puff Daddy)、P・ディディ(P. Diddy)
アメリカ合衆国ハーレム地区出身の音楽プロデューサー、作詞家、アレンジャー、ファッションデザイナー、俳優、MC。
バッド・ボーイ・エンターテインメント(Bad Boy Entertainment)の最高経営責任者、映画プロダクション、レストランのチェーン、ファッションブランド「ショーン・ジョン」(Sean John)などの経営者でもある。
フォーブスの「アメリカで最も裕福なセレブリティ」8位、アメリカ史上最も成功したエンターテイナーの1人。

Diddy -wiki-

Diddy

 

3位 Drake
(ドレイク)
7,500万ドル(約81億円)

カナダ出身のラッパー、俳優。
カナダの学園テレビドラマに第1シーズンから第7シーズンまでレギュラー出演し知名度を獲得。
デビューアルバムから8作連続全米1位を記録するなど、名実ともに北米の音楽シーンを代表するアーティストの1人。
「アメリカ史上、最も売れているソロ男性アーティスト」のトップ。

Drake -wiki-

Drake

 

2位 JAY-Z
(ジェイ・Z)
8,100万ドル(約87億円)

アメリカ合衆国のラッパー、ソングライター、音楽プロデューサー、起業家。
史上最も高く評価されているラッパーの1人である。
「アメリカ音楽史上最も裕福なミュージシャン」として経済紙フォーブスに掲載された。

JAY-Z -wiki-

JAY-Z

 

1位  Kanye West
(カニエ・ウェスト)
1億5,000万ドル(約161億円)

アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身のミュージシャン、ヒップホップMC、音楽プロデューサー、ファッションデザイナー。
2000年代初頭から現在に至るまで楽曲プロデュースやフィーチャリング・コラボ、自身のソロ活動で数々ヒット曲を生み出す。
2017年時点でグラミー賞に68回ノミネート、うち21回受賞を果たしている。

Kanye West -wiki-

カニエウェスト

2019年最も稼いだのはKanye West(カニエ・ウェスト)!

JAY-Z(ジェイ・Z)やDiddy(ディディ)を抑えて、今回見事首位に輝いたのはKanye West(カニエ・ウェスト)。

カニエは昨年10位から1位へと急上昇ジャンプアップ。

その収入額は2位を大きく突き放す、驚異の1億5,000万ドル(約161億円)。

その大きな要因は15億ドル(約1,610億円)の売り上げを誇る〈adidas(アディダス)〉とのコラボライン〈YEEZY BOOST(イージーブースト)〉の収益が挙げられる。

 

〈YEEZY BOOST(イージーブースト)〉とは、
アディダスとのコラボシューズ。

プレミアもついており1足10万円を超えるモデルもある。

 

YEEZY BOOST
(イージーブースト)

[ADIDAS – アディダス] YEEZY BOOST 350 V2 ‘ZEBRA’

[ADIDAS – アディダス] YEEZY BOOST 350 V2 – FU9006

 

続く第2位はJAY-Z(ジェイ・Z)で8,100万ドル(約87億円)。

3位はDrake(ドレイク)で7,500万ドル(約81億円)。

4位はDiddy(ディディ)で7,000万ドル(約75億円)とヒップホップ長者の常連が顔を揃える。

また、2018年にアルバム『Astroworld』をリリースしツアー活動に勤しんでいたTravis Scott(トラヴィス・スコット)は昨年15位から5位へと急上昇。

その収入額も2,100万ドル(約22億円)から5,800万ドル(約62億円)と3倍近くに増えている。

ツアーをしてこれだけ売上が増加するんだね。
活動が世界規模だと大きいね。

このランキングを見て、少しはモチベーション上がったかな?

ダンスでもまだまだ可能性はある!…のか。

では!

 

ビジネス思考が高いあなたにオススメの記事!⬇︎

起業家
【実話書籍】プロダンサー必読!「起業家ノンフィクション」10選今回は、 プロダンサーなら読むべき! 「起業家ノンフィクション書籍」 動きまくるのもいいけど、 たまには体を休めて読書で...
金持ち父さん
【金持ち父さん貧乏父さん】有名書籍を簡単にまとめて人生に生かす!今回はあの超有名なロングセラー 【金持ち父さん貧乏父さん】 この本を簡単にまとめて人生と目標に生かしてみよう。 という内容...
音楽で稼ぐタイトル画像
【音楽で稼ぐ事は可能?】稼ぐ難しさの理由と具体的な解決案音楽で稼ぐ事は可能なのか? これはダンスビジネスを考える上でも今後必要な事。 「バックダンス」「振付」含め音楽とダンスは密接な関...
あなたにオススメの記事