ビジネス

【生きるための12のルール】意味ある人生を送るルール3つ厳選!

今回は「生きるための12のルールという本」を解説。

この本の作者であるジョーダンピーターソンはトロント大学の心理学教授で現在世界で一番有名なカナダ人だと言われている。

 

ジョーダンピーターソン

 

彼がこの本で書いている内容は、
どのようにすれば意味のある人生を送れるのか?
というもの。

そして今回は、その12のルールのうち3つを厳選して解説していこう。

 

この書籍も同じ考え方で参考になる。
なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか? 〜真の幸せを生きるためのマイルール28〜

スティーブ・ジョブス
【スティーブ・ジョブズ】人生を変える3つの名言とは?IPhone ・iPad・ MacBookの生みの親であり、テクノロジーを進化させ世界に衝撃を与え続けた伝説の経営者スティーブジョブズ。...

 

生きるための12のルールの厳選3つ

まずは3つを書き出しておこう。

・胸を張って姿勢を良くする
・あなたの成功を望んでいる友人とだけ付き合う
・道で猫に会ったら可愛がる

これを1つ1つ説明していこう。

 

胸を張って姿勢を良くする

これは姿勢を良くするだけで自分に自信が持てる!

という話なので一見信じがたいかもしれない。
実はこれも脳科学が関係している科学的にも信憑性が高いものなのである。

これをピーターソンはロブスターの例を挙げることで説明している。

ロブスター

 

ロブスターの世界には、
勝ち組ロブスター」と「負け組ロブスター
が存在している。

前者は戦いに勝つことで強さを誇示し多くのメスと交配し、より安全で餌が多い場所に住むことができる。

後者は全くの反対。
全然モテないだけではなく、危険な場所に住むしかなくなり辛いロブスター生活を送る羽目になる。

 

そして、これら勝ち組と負け組の違いはたった一つだけ
それが、

セロトニンの分泌量

セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、精神を安定させストレスを軽減させる働きがある重要な物質である。

 

セロトニンは、精神の安定や安心感や平常心、頭の回転をよくして直観力を上げるなど、脳を活発に働かせる鍵となる脳内物質です。特に、ストレスに対して効能があり、自らの体内で自然に生成されるもので、精神安定剤とよく似た分子構造をしています。

医療法人社団 平成医会

 

セロトニンが多い生物は、
いかに困難に対して立ち向かうか!
と前向きに捉えることができ、

セロトニンが少ない生物は、
何か悪いことが起きるんじゃないか?
とビクビクしてしまいストレスにさらされた状態に陥ってしまう。

 

さらにここで重要なのが、

勝つとセロトニンが増える。
負けるとセロトニンが減る。

という事。

 

つまりこんなサイクルになってしまう。

戦いに負けたロブスターのセロトニンは減る

それによって自信を失う

そのせいで次の戦いから逃げてしまう

そしてまたセロトニンが減る

こんな最悪のサイクルに陥ってしまう。
勝ち組はこの逆である。

 

これは人間も全く同じ。

人間とロブスターの脳神経の仕組みは非常に似ており、この最悪のサイクルは人間にも頻繁に起きてしまうのである。

つまり人間も負けるほどセロトニンは減り続け、最終的に負け犬根性のようなものが構築されてしまうということ。

 

では、どのようにすればセロトニンを増やすことができるのか?

 

その簡単な方法が、

姿勢を変えること

なのである。

ハーバード大学のエイミーカディの研究によると、人間の行動が脳内物質を変化させ、自分を変えることができる。
ということが分かっている。

 

もっと具体的に言うと、「パワーポーズ」という体を広げる構造を一定時間行うと自信ホルモンであるテストステロン、そして幸せホルモンであるセロトニンが増加する。

 

パワーポーズ

 

それに対しストレスホルモンであるコルチゾールが減少し、その結果自分に自信を感じて良い気分になることが分かったのである。

そして、普段から胸を張って堂々と振る舞うことで脳内物質が変化し自信を感じる。
つまり自信がある人になりたかったらまずは、胸を張って姿勢を良くしてみよう!

というのが1つ目のルール。

 

成功を望んでいる友人とだけ付き合う

次に2つ目のルール。
あなたの幸せは成功を望んでいる友人とだけ付き合うこと。

これはシンプルに、
自分に悪影響を与える人とは距離を積極的に置くべきというメッセージ。

 

例えば、

・優越感に浸りたいためにマウンティングが大好きな人。
・心配するふりをして、ただ批判したいだけな人。
・空気に合わせることを強要し、あなたの行動を制限しようとする人。

など心当たりがある人も多いと思う。

そして明らかに自分に良い影響はないのに、

「一人になるのが怖い…」

こんな理由で関係を続けてしまうのはとても危険である。
というのがピーターソンの主張。

 

あなたの周りの5人の平均があなたという記事でも書いたが、誰からどんな影響を受けるか決めるのは自分自身なのだ。

5人のタイトル画像
【人生の法則】あなたの周りの5人の平均がアナタを作っている!今回は有名な法則の話をしよう。 あなたの周りの5人の平均がアナタを作っている! という話。 あなたの身近にはど...

 

これを意識して、周りの人を選ぶことが2つ目のルールになる。

 

道で猫に会ったら可愛がること

最後に3つ目のルール。

これは一瞬のささやかな幸せや感情にフォーカスしよう!
という事。

今という瞬間を大事にしなさいという教訓でもある。

人間は長く生きれば生きるほど、未来のために今を犠牲にすることが当たり前になってしまう。

 

例えば、

・今頑張って嫌な勉強すれば将来いい学校に行ける。
・今仕事を頑張ってお金を貯めれば老後が安泰。

というような具合。

 

もちろん今、我慢して将来リターンを得るという考え方は必要不可欠なもの。

しかし、これだけに慣れてしまうと今起きている、ささやかな出来事や自分の感情をおろそかにするようになってしまう。

「将来のために!」

と考えることも大事だが、今この瞬間に目を向けることも同じように重要。

 

「将来のため」と「今を楽しむ」こと。

この2つのバランスを意識して生活してみよう!

 

金持ち父さん
【金持ち父さん貧乏父さん】有名書籍を簡単にまとめて人生に生かす!今回はあの超有名なロングセラー 金持ち父さん貧乏父さん この本を簡単にまとめて人生と目標に生かしてみよう。 ...
修行
【人生を諦めない!】ドン底時期の「過ごし方」と「抜け出す」方法2019年もあとわずか。 今年はどんな年だったかな? 今回は人生のドン底で悩むあなたに贈る記事。 自分も30歳...

 

【意味のある人生のための3つのルール】のまとめ

  • 肩を丸めず胸を張って姿勢を良くする
  • あなたの幸せや成功を望んでいる友人とだけ付き合う
  • 今という瞬間を大切にする

是非実践してみよう!

あなたにオススメの記事!