ビジネス

【認知的不協和を活用した広告】売るには矛盾を作れ!

今回は、

認知的不協和を活用した広告

について書いていこう。

 

人は何かしらの矛盾を感じたときに不快感を覚える。
この事を認知的不協和と言いう。

人はこの矛盾に遭遇した時に、何とかして、その矛盾を解消しようと行動し始める。
周りの広告を見渡せば、多くの広告が認知的不協和を活用していることを理解できる。

これは広告に限らず、本のタイトルなどにも多用される心理学の要素なのだ。
では、今から認知的不協和を活用した広告について解説していこう。

 

矛盾を生み出すタイトル

例えば、

以下のようなキャッチコピーを見たときにどのように思うだろうか。

●好きなだけ食べているのに、3ヶ月で12.6kg痩せた禁断のダイエット法を解禁!

●東大に合格するには勉強をやめなさい!

多分、上記に似たタイトルを何度も見たことがあると思う。
上記のタイトルには「大きな矛盾」が含まれているが分かるだろうか。

 

好きなだけ食べているのに、3ヶ月で12.6kg痩せた禁断のダイエット法を解禁!

普通、「好きなだけ食べて痩せられる」というダイエット法があるとは誰も思っていない。

しかし、敢えてこのようなキャッチコピーにすることで、

なんで好きなだけ食べてもダイエットができるの?

と思わせることができる。

ここに「大きな矛盾」ができる。
これは気になってしょうがない…

書店であれば本を手にとって、パラパラとめくり中身を確認してくれるだろう。
そこでもし中身が”本物“であれば、そのまま本を持ってレジまで向かってくれるはずだ。

東大に合格するには勉強をやめなさい!

大学に合格するためには、かなりの努力をする必要がある。
これが東大となれば尚更。

しかし、ここで

東大に合格するには勉強をやめなさい!

と言われたらどうだろうか。

なんだか気持ち悪くて「どういう事だ?」と矛盾を埋めたくなる。
ここで、ようやく人が行動してくれるのである。

矛盾を解消するために、本であれば購入してくれるかもしれない。
セミナーであれば、わざわざ予定を空けてくれるかもしれない。

考えて欲しいのは、もしタイトルが、

努力して東大に合格する方法!

であれば、あなたは、その中身を確認したいと思うだろうか?

「そりゃみんな努力はしてるっちゅーねん!」
と、当たり前すぎて、見向きもしないと思う。
そこで、認知的不協和を活用するのである。

 

ダンスであれば、

●踊らずに1週間で3キロダイエット!
●1日1時間の練習でプロになれる!

などだろうか。
しかし、しっかり内容がないと意味がないのは理解していると思う。

このように敢えて矛盾するようなキャッチコピーを付ける事によって、人の興味・関心を引くように仕向けるのだ。
ビジネス書のタイトルでは、これら認知的不協和が多用されている。

 

購買力アップ
【コピーライティング】お客の購買力を上げる3つのポイント!人を動かすには〇〇が必要。人の感情を揺さぶって効果を最大限に引き出す"コピーライティング3つのポイント"を解説!...

 

誰からも感謝されるネットビジネス

このブログタイトルでも認知的不協和を使用している。
でも、この効果で読まれているかは不明…笑

ビジネスの心理学
【悪用厳禁!】この記事を決して読まないでください。【ビジネス心理学】はい。 読んでしまったあなた! カリギュラ成功だ! 今回は、 禁止されると、かえって気になってしまう「カリギ...

 

多くの人は「ネットビジネスは怪しい」と思っている。
そして、これは半分正解でもある。

人を騙すのは論外。

しかし、中身のないペラページを量産して稼いでいる人も実際いる。
また、アフィリエイトや情報商材などしていても、知り合いや友達にさえ、その事を言えない人は沢山いるだろう。

そこで、次のように提唱するビジネスはどう感じるだろうか。

毎日感謝メールが届き、社会的意義が高く稼げるネットビジネスを教えます!

 

実はこれ、実際に自分が別で運営している専門的なポータルサイトのこと。
これを証拠として提示するため、ネットビジネスが怪しいと思っていた人は「あれっ!?」と思う。

そのため、ネットビジネスの中でも、
「まともなビジネスをして、感謝されながら稼ぎたい!」
と考えている人には刺さる事になり、お互いwinwinとなる。

 

ゼロイチ
【短所は長所】新しいアイデア・ビジネスを生み出す発想法を解説!ゼロイチ発想法を解説!常識の真逆な発想で新しい商品やビジネスを生み出すポイントとは?人を感動させるビジネスモデルを創出しよう。...

 

【認知的不協和を活用した広告】の最後に

多くの場面で認知的不協和が活用されている。

これを踏まえた上で、街中の広告やビジネス本のキャッチコピーを確認してみよう。
世の中の広告の意図を探る事は、ビジネスに活きてくる。

認知的不協和を使用した広告を理解するだけでも、世の中で起こっているビジネスの仕組みを少しは理解できるようになると思う。
是非、あなたのビジネスにも生かしてみよう。

 

【書籍紹介】

行動経済学ブームに火をつけたベストセラー。

「現金は盗まないが、鉛筆なら平気で失敬する」

「頼まれごとなら頑張るが、安い報酬ではやる気が失せる」

「同じプラセボ薬でも高額なほうが効く」

人間は、どこまでも滑稽で「不合理」である。

でも、そんな人間の行動を「予想」することができれば、
長続きしなかったダイエットに成功するかもしれない。
次なる、大ヒット商品を生み出せるかもしれない。

人の不合理を操りビジネスの勝者になろう!

こちらもオススメの記事