ダンス

【シンクロ率UP!】振付とダンスの動きを揃える練習方法とは?

今回は

振付の動きを揃えたい!

そんな要望に応えるよ。

ダンスコンテストや発表会。
気合の入った余興、イベントなどに取り入れるといいね。

揃えるには全力で練習すること

この練習を行う前提として大事なことがある。
それは、

ショータイムだと思って全力でやる事

練習と思って手を抜くと本番で動きにズレが発生する。
理由は、練習と本番の動きが違うから。

これは個々のメンタル・モチベーションなどの影響がある。
早取り、遅取りも同じ。

「ジョギングのフォーム」
「全力ダッシュのフォーム」

が違うのと一緒。
各自で全力の動きは違う。
それを統一させるには、

ショータイムと同じテンションで振付が合うか?

これを確認することが大事。

早取り問題に関してはこの記事で。

ダンスの早取りタイトル画像
【早取りはダメ?】ダンスの早取りの説明と原因・改善方法とは?約6分で読めます。 今回は少しマニアックな悩みに答えるぞ。 早取りといわれる チームダンスでズレてしまう ...

振付シンクロ練習メニュー

2つ提案しよう。

まずは1人づつ確認するメニュー。
これは2人のペアで行なっていく。

例えば

ABCDEの5人チームだとする。

Aさんを確認したい場合

Aさんを軸にペアで振付チェックを音でやる。

AとBで確認
AとCで確認
AとDで確認
AとEで確認

という感じ。

練習順画像

最小人数の2人で合わせることで、お互いの粗さが浮き出る。
これをメンバー全員で回しあい、全員の粗さを確認することでシンクロ率が飛躍的に上がる。

動画撮影をしてチェックしていこう。

振りが覚えられないタイトル画像
【完全版】ダンスの振り覚えが悪い理由とは?練習方法とメニュー約8分で読めます レッスンでも動画観ても振りが全然覚えられない! でも大丈夫。 それは初心者でもプロでも悩む問題。 ...

この練習は全体だけでなく、

ここはシンクロさせたい!

という4エイトのパートだけでも有効。
是非取り入れて欲しい練習方法だ。

チーム内でダンスコンテストを行う

メンバーをグループ分けしてコンテストを行う。

これは本番の緊張感に慣れるという効果もある。

審査員もメンバー。
自分が審査員だったらどこを見るか?
というコンテスト対策にも役立つ。

ここで気になるのは、

フォーメーションどうするの?

だと思う。
これはフリーの移動ならフリーで。
動きが決まってるなら、人数に合わせて動きを決めておこう。

当日のアレンジに対応できるか?

これも個々の対応力が垣間見れる。

これらの練習方法は各自プレッシャーが掛かる。
だからこそ本番で楽になる。

あくまでもこれはシンクロ(揃える)の練習なので、そこを重点に審査しよう。

緊張しすぎはパフォーマンスを落とす。
テンションが上がりすぎても動きがズレる。
程よい緊張感と自分のメンタルをしっかり把握して望もう。

【今の振付をもっと良くしたい!】
そんな要望に応えます。

[件名]「振付ブラッシュアップ
にて、お問い合わせください。
詳細をお伝えします。

お問い合わせ

おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。