ダンス

【ダンスの歴史】起源はエジプトの壁画?ダンスは今後どうなる?

今回は、

ダンスのこれまでの歴史とは?

を書いていこう。

 

新しいスタイルがどんどん生み出され日々進化するダンスシーン。

一体ダンスはどのように生まれたのだろうか。
そのルーツを知ることで、さらにダンスに愛着がわき、また現代のダンスシーンを理解することにも役立つ。

ではダンスの歴史と現状、未来について徹底的に解説していくぞ!

 

1.ダンスの歴史とは?

ダンスは一体どのように始まったのか。
その起源を追ってみよう。

 

ダンスの起源

ダンスの起源は遥か昔にさかのぼり、文明が生まれる前から踊られていたと考えられている。

文献として残っている最古のダンスは古代エジプトの壁画だと言われている。
エジプト人女性2人が音楽に合わせて踊っている絵で、ベリーダンスのルーツとなった踊りという説もある。

 

エジプト壁画ダンス

 

また、

出産の痛みをまぎらわすための躍り。
農作物の豊作を祈るための躍り。

など諸説があり、はっきりとしたダンスの目的はいまだに不明。

ベリーダンスは8000年以上前に生まれたダンスだと言われているため、ダンスの起源だと言っても過言ではない。

そんな古くから踊られているダンスが現代にも受け継がれていると考えると、人間はダンスとともに歴史を歩んできたのかと感慨深い。

 

ダンスにジャンルという多様性が生まれた

ダンスは世界中で自然発生したためジャンルは無限に存在していたが、はじめから「ジャンル」として認識されていたわけではない。

異なる種類のダンスがどのようにジャンルとして認識され、派生していったのかは解明されていないが、とても古くから人々はダンスをジャンルに分けていた記録が残っている。

例えば、

「伎楽(ぎがく)」という音楽と演劇を伴う踊り。

伎楽

 

これは推古天皇の時代、つまり西暦612年に中国から日本に伝わってきた。
伎楽(ぎがく)という名称で呼ばれたという事は、この時代には既にジャンルとしてダンスが踊り分けられていたということになる。

 

現代のダンスという認識になるまでの流れ

現代では、”ダンスはアート”であり”ダンサーはアーティスト”だと認識されている。

かつてダンサーは「職業」だった。
古くからエジプトでは結婚式で踊る風習があったり、宮廷で王様のために踊ったりしてお金を稼いでいたのである。

そして、時代が進むにつれだんだんと職業ダンサーは仕事のためだけでなく”芸術のため”に踊るようになり、アーティストになっていく。

 

バレエは500年以上前に生まれたダンス。
元々貴族のために宮廷で踊られていたものが17世紀には劇場で踊られるようになり、そして18世紀には「ロマンティック・バレエ」と呼ばれる「伝統を壊して自由や神秘性を大切にする」というスタイルが確立された。

 

ロマンティック・バレエ

 

この18世紀の「ロマンティック・バレエ」は「芸術」のためのダンスと言うことができる。

つまり、ダンサーが職業人からアーティストに変化していったきっかけの1つ。
そして今では、ダンスはアートの1つの形として広く認知されている。

 

現代のダンスはどうなってる?

では、現代のダンスはどうなっているか。
現代のダンスシーンを知り、将来のダンス業界の展望を予測してみよう。

 

ダンスを職業にしている人の紹介

矢野経済研究所の習い事データによると直近の「ダンススクール」の市場規模は約2200億円らしい。

現在、ダンス教室はさらに増えているため、市場規模は拡大している。
また、ダンスを職業にしている人はインストラクターだけではない。

 

バックダンサー

有名な歌手の後ろで踊るバックダンサーはダンサーには憧れの職業。
ダンサーの中には菅原小春やKAZUHIROなど、バックダンサーの枠を超えて芸能人のように活躍する人たちも少なくない。

振付師

また、アイドルや歌手の中にはダンスを売りにしている人たちも多い。
その人たちのダンスを考える振付師という職業もダンサーの代表的な仕事。

人気の振付師になると、様々なアーティストのミュージックビデオの撮影やコンサートなどに呼ばれるようになる。

テーマパークパフォーマー

ミュージカルやテーマパークのパレードなどのショーでパフォーマンスすることもダンサーの仕事。

ミュージカルで有名な劇団四季は年間200億円以上、宝塚歌劇団は300億円以上の売上があるとも言われている。
その売上を誇るだけのクオリティを観客に提供するため、レベルの高いダンサーたちが選び抜かれている。

 

ダンスを仕事にする、と言っても活躍する場はたくさんあり、求められる能力は仕事によって異なる。
ダンスを職業にしたい場合、自分お強みを分析して自分に合った仕事を選ぶことが大切だろう。

 

おすすめダンス映画
【厳選ダンス洋画9選】プロが選ぶ名作ストリート系ダンス映画!今回は、 プロダンサーがオススメする!ストリート系ダンス映画(洋画) を紹介していこう。 ダンスに興味があると...

 

最近話題になったダンスのニュース

最近は有名アーティストとコラボするダンサーが度々話題になっている。

2019年元旦の紅白歌合戦では、菅原小春が米津玄師の歌に合わせて踊り大きな注目を浴びた。

その後、「ミュージックステーション」で家入レオのバックダンサーをつとめたKAZUHIROのダンスもインターネット上で話題に。

このように特定ではあるがダンサーが注目を浴びる機会は増えている。

 

また、ダンスにテクノロジーを導入していく風潮も高まっている。「Everybody dance now」というYouTubeに上げられた動画では、ダンス素人の女性がブルーノ・マーズのダンスを完コピしている様子を見ることができる。

 

 

これはカリフォルニア大学の研究動画。
プロの動きを画面上で素人の動きにあわせることを可能にした。
と言っても実際動いている訳ではなく、あくまで画面上でプログラム編集されている。

今はまだ試作段階だが、今後この技術を生かすとダンスを上手に踊ることができない歌手が、CGではなくプロダンサー並みのダンスをMV(ミュージックビデオ)で披露することも可能になる。

実際ライブでは披露できないけどw

 

ブルーノ・マーズ
プロが選んだブルーノ・マーズの厳選動画!これがエンターテイメントだ!今回は、 リハーサルまで最高!ダンス経験者が選ぶブルーノ・マーズの厳選動画 を紹介しよう。 全世界で絶大な人気...

 

数年前から、蛯名健一のようにプロジェクションマッピングとダンスを融合させて、独特の世界観を作り出すパフォーマンスも注目されている。

 

今後このように、さらにデジタルとダンスが融合していき、新しい表現が生み出されていくことは間違いない。

 

LEDダンス
LEDダンスが凄すぎる!光とダンスが融合した神パフォーマンス5選!今回は、 LEDが凄い!光とダンスが融合したダンスパフォーマンス! を5選紹介しよう。 皆さんはイルミネーショ...

 

今後ダンス業界はどうなっていくのか?

新型コロナ問題は多分に問題視されているけど、スペイン風邪も永遠には猛威を振るわなかった。
落ち着けばエンタメ欲も強まりダンス業界もさらに規模が大きくなっていくと考えられる。

ダンスが現在では義務教育のカリキュラムの一環となり、ダンスのインストラクターの検定なんかもある。

 

ダンスに触れる機会が増えることで確実にダンス人口は増えていき、コミケのような新しいマーケットが構築されていくのではないか。
その1つにプロリーグも存在もある。

dleague
【ダンスがプロ化?】国内ダンスプロリーグ D.LEAGUE がスタート!今回は、 ダンスの国内プロリーグ D.LEAGUE が発足! という話題を書いていこう。 D.LEAGUEとは? ...

 

ダンサーが上場企業からスポンサードされる仕組みは過去になかった。
スポーツはスポンサーがついてからが本番。

企業プロモーションやイベント。
タオルやTシャツ、靴などダンサーのコラボグッズのブランドも充実していく可能性もある。

 

今ではYouTubeで世界中のダンスを見ることができ、グローバル化はどんどん進んでいく。
ダンス留学や積極的に海外に挑戦する人がさらに増えるだろう。

ダンスが国境を超え、新しいスタイルが生まれたり日本の踊り方と海外の踊り方を融合させたスタイルが確立されるかもしれない。

この動画⬇︎のように和との融合は相性がいいのだ。

 

また、前述したようにデジタル技術の発展によりミュージカルなどダンスによるパフォーマンスの質は向上する。

ダンスに興味がある人はぜひスクールに足を運んでみよう。

 

ブレイクダンス
【ストリートダンス初】ブレイキンが2024年パリ・オリンピックの正式競技に決定!今回は、 ブレイクダンスが2024年パリ・オリンピックの正式競技に決定! という話題を書いていこう。 国際五輪...
あなたにオススメの記事!