ビジネス

【夢をかなえるゾウ】今からでも変われる!自信がないあなたへ。

今回は水野敬也さんの著書
夢をかなえるゾウ」について書いていこう。

 

夢をかなえるゾウ文庫版

 

 

この本はドラマ、アニメになったぐらい有名な本。
有名なだけに今さら感もあるけど、自分は今まで読んだことがなくめっちゃ後悔した。

ドラマも観たことがあるけど、本までは手に取らなかった。

 

そして最近、読む機会があったんだけど、はまり過ぎたw
一気に読んじゃって1日潰してしまったよね。

それぐらい面白かったので、心に刺さったポイントをシェアしていきたいと思う。

 

この記事(本)を読まなくていい人とは?

先に伝えると、

現状に満足してる人!

そんな人は、この記事見なくていいし読まなくてもいいと思う。

 

この本がお勧め人は、

今の現状に満足していない人
もっと自分ならできることあるんじゃないか?
変われるんじゃないか?って思ってる人

このような人には役に立つはず。

なので、そんな人は是非続きを読んで欲しい。

 

5人のタイトル画像
【人生の法則】あなたの周りの5人の平均がアナタを作っている!今回は有名な法則の話をしよう。 ダンスでプロになり、それを継続していくにはビジネス意識がなければいけない。 自分は個人投資も...

 

ゾウの神様「ガネーシャ」の言葉

この本には、これを実践すれば変われる!
という課題が全部で29個ある。

でも、今回はその課題には触れない。

この本に出てくるガネーシャというゾウの神様の言葉で、自分が特に心にグサッときた話を3つだけ紹介していきたいと思う。

 

夢をかなえるゾウの簡単なあらすじ

 

ある一人暮らしの男性が主人公。
彼は普通の会社員。

ある時、赤坂のハイタワーマンションで開かれるパーティーに参加することになる。

そこには50人ぐらいも住めるような大きな部屋に、ビリヤード台とかもあり、とにかく華やかな世界だった。

 

パーティー

 

有名な経営者やモデル、プロ野球選手など、それはもうキラキラな世界。
でも主人公の男には、それが悔しくて仕方なかった。

というのも、自分だって昔は足が速くてリレーの選手になったり、成績だって上の方でそれなりの大学に入ったし、大手に勤めて安定した生活を送っていた。

 

でも、普通だった。

 

そのパーティーに行って自分のことを惨めに感じてしまったのだ。

「華やかな世界に自分も行きたい!」

そんな思いから、泥酔するまで飲んで愚痴をこぼしていた。
そして翌朝、目覚めるとそこにはなんとゾウが…!

という話。

 

このゾウがまたいいキャラ。
関西弁を話し、タバコは吸うは甘いもん食べまくる、行動はだらしない。
けど、言うことは核心を突いてくる。

このゾウの名前が「ガネーシャ」と言ってインドの神様。

 

ガネーシャ

 

話の進み方はこのゾウが、その普通の男性の夢を叶えるために毎日1つずつ課題を出すって話。

その課題を実践すれば成功できる!変われる!

という話なんだけど、ゾウの発言にとにかくグサッとくる。

 

自分の甘い考えだったり、ダメな部分をグサグサえぐってくるので読む人は覚悟をして読んだ方がいいと思うぞ。

 

自己嫌悪タイトル
自己嫌悪を止め自分を好きになる3つの方法とは?今回は 自己嫌悪を止め自分を好きになる方法 というテーマ。 最近ダンスをしている子に相談された事がきっかけ。 その子...

 

「ガネーシャ」の言葉で刺さった3つ

 

①人の話を素直に聞くこと

主人公の男性はゾウのガネーシャからこんな課題を出された。

 

毎日靴を磨くように

 

この課題を出されたが、主人公は靴を磨くことを嫌がった。
「そんなの意味ない!」
って。

そして、ガネーシャからこう言われる。

 

ガネーシャ

 

「今まで自分なりに考えてきて、それで結果出せへんからこういう状況になってるとちゃうの?」

 

「自分のやり方であかんのやったら、人の言うこと素直に聞いて実行する以外に何か方法あんの?」

 

これグサッとこない?
自分はきたよね。

自分も「変わりたい!」って思ってた時期がある。
いや、今だって変わり続けたいと思っているし。

ダンスを離れて、いろいろな人の話を聞きに行ったり。
それこそビジネスセミナーに行ったり本を何十とか何百読んで過ごしてる時期もあった。

 

でも、あるとき気づいた。

「これ何も変わんねーな」

って。

 

勉強はするんだけど、

「こういう考え方あるんだ!でも俺はこう思うし!」

みたいな自己流な考え方になってしまったのだ。

 

これは自分の価値や時給が上がるわけでもなく、何かを実践して評価されるわけでもない。

「いつか成功したる!」

みたいなことを思って、セミナーに行ったり本を読んで満足してる自分がいた。
意識だけ高い系だよね。

 

今思うと、どんなにいい話を聞いても自分は素直に実行ができなかった。
だから、このガネーシャの言葉は本当にそうだなーって感じたよね。

 

このような人は結構いると思う。

「靴磨き?そんなの意味ないじゃん」
「そんなの価値観の違いじゃん?」

って思ってやらない理由を作る人は多いと思う。

 

これを聞いて、

「あ、自分もだ…」

と少しでも思う人は、是非この本を読んでみた方がいいと思う!
オススメ。

 

やる気出す方法
【怠け癖を直す!】あなたが怠ける理由とやる気を出す方法 トレーニングをついついサボっちゃう...。 ダンスの練習が面倒になってきた...。 新しい挑戦心が湧いてこない...。 ...

 

続いては2つ目。

 

②秘訣が知りたいってことは楽がしたいってこと

 

「もっと効率的に成功するやり方を教えてください!」

 

っていうシーンがある。
するとガネーシャは部屋の本棚からビジネス書を出して、

「いや教えるも何も、ここに書いとるやん」

って言う。

 

その本は主人公の本なんだけど、

「絶対成功する方法」
「お金に働かせてお金を稼ぐ方法」

とか、とにかく分かりやすく成功できる本で、そんな方法を探したがるんだよね。

 

あなたの中にも、そんな気持ちがあるのでは?

そして、ガネーシャはこう言う

 

「秘訣を知りたいっていうことは、要するに楽したいわけやん」

「それは楽して人生変えたり、楽して成功したいっちゅう甘いの裏返し」

 

まさにこの通り!
自分の心にもグサッと刺さったよね。

ガネーシャは本当に核心を突く言葉を考えて言ってくるんだよね。

 

戦略
【競争戦略】勝ち続けたいなら変人になれ!勝てる戦略の考え方とは?今回は、 ストーリーとしての競争戦略 〜優れた戦略の条件〜 という本から 知ってるようで知らない。 ...

 

そして、最後3つ目。

 

③人間は意識を変えることはできない

あなたも良い本とかを読んで、

「よし!明日から頑張ろう!」

って思うよね。

でも、朝目覚めてみると昨日のやる気は何処へやら。
そんな事もあるのでは?

 

「あれっ、何を頑張るんだっけ?」

 

くらいな感じになったり。

ここでまたガネーシャがグサッとくる言葉がくる。

 

「みんな意識を変えようとするやん、それ何でか分かるか?
楽やからや」

 

「その場で今日から変わるんだって決めて、めっちゃ頑張ってる未来の自分を想像するの楽やろ」

 

「だって、その時は想像しとるだけで実際には全然頑張ってへん、つまりな意識を変えようとするて事は言い方を変えたら逃げやねん」

 

 

グサっとくる

 

どうだい?
核心すぎて心がグッサグサにならない?

 

結局のところ明日から頑張ろう!

って意識は、未来の自分に期待しているだけで何の努力もしてないってことなんだよね。

 

これは自分も痛感。
人は分かっていても、受け入れるのが怖いので目を背けたがる。

それを改めて突いてくるのが「ガネーシャ」であり、

夢をかなえるゾウなのである。

 

 

じゃあ、どうしたらいいのか?
次は具体的な例を書いていくゾウ。

 

錯覚資産
【錯覚資産】人生を好転させるには〇〇○させる事が重要!今回は、最近読んだ本で良かった考え方をシェアしていこうと思う。 その本とは、 人生は運よりも実力よりも勘違いさせる力で決...

 

意識ではなく具体的な環境を変える事

 

例えば、
テレビを見ないようにするなら意識だけでなく

テレビのコンセントを抜いておく。
テレビを捨てちゃうなど。

そうすれば実際の行動が変わる。

 

お菓子を食べないようにするなら

戸棚の奥の方において取りづらくする。
そもそも買わない。

など具体的に環境を変える必要がある。

 

そんな自分も決めたことを守れなかったり、その度に少しずつ自分への自信がなくなった経験がある。

自分との約束を守らないと、どんどん自信がなくなっていくんだよね。

 

でも、これからはあなたも大丈夫!

 

この環境を変えるって事は、意志の強さとかじゃなくて誰でもできること
これからは意識を変えようとするのはやめて、

 

環境を変えよう!

 

成功の質問タイトル画像
【成功者の共通点】シンプルな1つの質問でわかる。キミはどっち?成功者と呼ばれる人には共通点がある。 全ての人が例外なく、それを実践している。 今回はそんな話をしていこう。 成功をす...

 

【夢をかなえるゾウ】今からでも変われる!のまとめ

 

① 人の話を聞く
② 秘訣が知りたいってことは楽がしたいってこと
③ 人間は意識を変えることはできない

 

という話だった。

 

これで、この本についての話は以上。

なんだけど、具体的な課題については紹介していないし、他にも有名な偉人の様々なエピソードが出てくる。

 

もし、今回の内容がグサグサ刺さり、

「自分も変わりたい!」

って人は是非、読んでみて欲しい。

 

あなたにオススメの記事