ビジネス

【レンタルスペース事業】空き物件を貸して収益を出す方法と手順

今回は、

レンタルスペース事業を始めるための徹底アドバイス!

を書いていこう。

 

レンタルスペースの用途は様々ある。

ダンスの練習はもちろん、パーティー、打ち上げ、ミーティング、撮影などなど。

あなたが普段借りてるスタジオ。
そこには貸してるオーナーがいる。

 

あなたも借りる側じゃなく、貸して収益をあげるオーナーに興味はないかな?

そんな人にレンタルスペース事業の始め方、注意点、流れを徹底解説していくぞ!

 

レンタルスペースとは?

レンタルスペース

 

レンタルスペースとは、期間限定店舗や会議といったビジネス利用など戸建マンションや事務所問わず、第三者に時間単位で貸し出すスペースのこと。

近年は、ニーズに合わせた多様なレンタルスペースが次々と立ち上がり、ビジネス利用だけでなく、パーティーや料理会にも使えるようなスペースもある。

 

レンタルスペースビジネスの4つのポイント

 

ここではレンタルスペースを立ち上げる際のチェックポイントを紹介しよう。

 

物件確保と開業準備を進めよう

レンタルスペースの起業に興味はあっても、最初は何をどうしたら良いかわからない人も多いはず。

まずは、下記のことから準備していこう。

 

【1】税務署に必要書類を提出する

スペース貸しビジネスを始める際、特別な資格を取る必要はない。
一般的に開業を行う時と同様、開業手続きをすればOK。

開業手続きには、税務署に

 

個人事業の開業・廃業等届出書(いわゆる開業届)」

所得税の青色申告承認申請書

 

という2種類の書類を提出することが最低限必要となる。

 

開業届
その名の通り、事業を新たに開始したことを申告する書類。

所得税の青色申告承認申請書
確定申告を青色申告で行う際に必要な書類。

 

確定申告には青色申告・白色申告の2種類がある。
青色申告は作業に手間がかかる分、「65万円の青色申告特別控除」という税金面で有利な特典を受けられる。

いずれの書類も、税務署で入手できるほか、フォーマットを国税庁ホームページからダウンロードも可能。

 

提出期限

●開業届
事業を始めてから1カ月以内。

●所得税の青色申告承認申請書
事業開始日から2か月以内。

 

税務署の窓口だけでなく、郵送も受け付けている。

ほかにも細かなルールが色々とあるので、届け出る前に国税庁ホームページなどでしっかりと確認しておこう。

国税庁
http://www.nta.go.jp/

 

【2】貸し出す物件を確保する

貸し出す物件の種類は大きく分けて「賃貸」「自己保有物件」の2種類。
その物件の性質によって、事前に準備しておきたい事項も異なる。

 

賃貸で始める場合

賃貸物件であっても、レンタルスペースの開業は可能。

ただし、借りている物件をさらに第三者に貸すことは又貸し(転貸借)ということになり、通常は禁止されている場合が多い。

 

転貸借契約を結び、オーナーや管理会社の承諾を得る必要がある。

事前にこのような手続きを踏まないと、事故などが起きてしまった際、トラブルになることもあり、最悪の場合、契約を解除されてしまう場合もあるので、必ず事前に準備しておこう。

自己保有物件で始める場合

自分が所有している物件の場合、賃貸物件のように転貸借契約を交わす必要がない。

しかし、不特定多数の人がスペースを利用することによって、他の居住者に問題が起こらないよう、事前に対策しておく必要がある。

これは周囲がテナントであっても、住居であっても同様。

 

必要な家具や備品を揃えよう

スペースを確保できたら、レンタルスペースの用途やシーンに合わせて、必要な備品を揃えよう。

 

【カフェ型で必要なもの】

カフェ型レンタルスペースは、カフェをはじめ、飲食系のポップアップストアやワークショップ、撮影などの利用を想定。

●主に必要な物

椅子・テーブルセット、キッチン、調理器具、食器類、冷蔵庫など

カフェスペースにはおしゃれな空間を求めるユーザーもいるので、インテリアなど工夫を凝らし、雰囲気作りにも力を入れてみるとなお良い。

 

【住居型で必要なもの】

住居型レンタルスペースは、パーティ、女子会、ママ会などのプライベート利用や、少人数でのワークショップなどが想定。

また、“住居感”を活かしたプロモーション撮影などに使われる場面もある。

●主に必要な物

椅子・テーブルセット、ソファ、クッション、ラグ、テレビなど

利用者がくつろいで過ごすためのアイテムが挙げられる。
また、パーティなど飲食物を扱うシーンも想定されるため、キッチンや調理器具、食器が充実していると喜ばれるだろう。

またトランプやボードゲームなど、誰もが気軽に遊べるゲーム類を準備するのもいい。

楽しい時間を過ごしてもらえれば、リピーターが増えるかもしれないぞ。

 

【会議室型で必要なもの】

会議室型レンタルスペースは、ミーティングや企業説明会、セミナーなど、ビジネスシーンでの利用を想定。

●主に必要な物

椅子・テーブルセット、プロジェクター、スクリーン、ホワイトボード、電源、wifiなど

コーヒーメーカーや文房具類など、オフィスにあるような備品を揃えておくと喜ばれる。

 

レンタルスペースのポータルサイトに登録しよう

スペースの準備が整ったら、いよいよ営業スタート。

用途に合うユーザーとマッチングできるよう、集客を行う。
ただ、自力で集客しようとすると、時間もコストもかかってしまうのが実情。

そんな時におすすめなのが、レンタルスペースのポータルサイトなのだ。

 

サクセスストーリー
【起業家サクセスストーリー】スターバックスCEO "ハワード・シュルツ"今回は、 スターバックス創業者「ハワード・シュルツ」のサクセスストーリー について書いていこう。 なぜスターバ...

 

レンタルスペースのポータルサイトとは?

 

レンタルスペースのポータルサイトは、全国各地のレンタルスペースの情報が集約されたサイトで、登録しておくと下記のようなメリットがある。

 

コストを抑えられる

レンタルスペースのポータルサイトは成功(契約)報酬型で、サイトを通じて契約が成立した場合に一定の割合の手数料を支払うシステム。

売上が発生しない場合は費用が発生せず、コストを抑えられる。

 

掲載ページを作ってもらえる場合が多い

レンタルスペースの紹介ページをポータルサイト側が作成してくれる場合がある。

集客のためには自分でホームページ開設も大切だけど、検索した時に上位に出てくるポータルサイトで紹介してもらうことで、より多くの人の目に触れられる可能性がぐんと高まる。

 

広告の自己負担が不要な場合が多い

広告もポータルサイト側が出稿してくれるため、自分で負担する必要がないというケースが多くなっている。

広告までカバーしてくれるポータルサイトに登録した場合は、広告費用も抑えることが可能。

 

ダンススタジオ経営
【ダンススタジオ経営】失敗する理由と原因とは?成功させる秘訣今回は、 失敗するダンススタジオ経営、その理由と原因とは? というテーマで書いていこう。 年齢的に自分の周りに...

 

おすすめのポータルサイトは?

メリット満載のポータルサイト。

レンタルスペース運営者なら登録しない手はない。
中でもおすすめはSPACEMARKET(スペースマーケット)。

SPACEMARKET

SPACEMARKET
https://www.spacemarket.com

 

SPACEMARKETは下記のような特徴があるサイト。

 

登録テナント数6,000以上

SPACEMARKETには、カフェからスタジオ、会議室、商業施設内スペースまで、6,000以上のテナントが登録されている。

現在(2020年7月時点)も月に約300件ずつのペースで増加しており、多くの人に選ばれているサイト。

 

利用単価が高い

SPACEMARKETの利用者は、多くの場合、物販やプロモーションを目的としたビジネス利用のため、単価が高くなる傾向にあります。

 

部屋の掲載はすべて無料

SPACEMARKETでは、部屋の掲載はすべて無料。
固定費もかからない。

では、SPACEMARKETはどうやっていくら儲けているのか?

売上に応じて一定の割合が入るような仕組みになっている。

スペースマーケット

プラットフォームのテイクレート(手数料)が33%というのはかなり大きな数字だけど、2018年12月は赤字である。

2019年は9月までの9ヶ月間で黒字にすることができた。

このテイクレートでも、ようやくトントンという感じ。
それだけ運営費にコストがかかっているということである。

その恩恵をオーナーは受けることが可能。

 

インセンティブ制度

SPACEMARKETは2019年10月から「インセンティブ制度」を開始している。

これは、一定以上の売上を上げた部屋にインセンティブを払う、というもの。

 

スペースマーケット

このインセンティブ、頑張って330部屋ほど登録したとする。

都内の定員10名程度の部屋の期待収益は21万円とスペースマーケットに記載がある。

それで単純計算すると、月間のインセンティブは約800万円(税金考慮なし)にもなる。

一度登録すれば、あとは運営が順調であれば、この収入が権利収入のように毎月入ってくるシステム。

 

気になった人はこちらから詳細をチェックしてみてみよう。

SPACEMARKET
https://www.spacemarket.com

 

その他にも、レンタルスペースを紹介しているポータルサイトがある。
ポータルサイトによって施設の種類も異なるので、スペースを選ぶときの参考にすると良いだろう。

 

運用の詳細を決めよう

 

集客に成功し、利用者を獲得したらあとはもう大丈夫!

 

と思いたいところだけど、レンタルスペースでは一部の利用者による物件の破損や備品の盗難、近隣居住者への迷惑行為といったトラブルが数多く発生している。

このような問題を未然に防ぎ、利用者に快適に使用してもらうためには、下記のような準備も必要となる。

 

常駐のスタッフを配置する

スタッフを配置しておけば、現場の問題に即時対応することができて心強い。

ただ、当然ながら人件費がかかってしまうため、運営費に余裕がある場合の選択肢といえる。

 

監視カメラを設置する

監視カメラを準備しておけば、スペース内で問題や迷惑行為などが発生した際、録画した映像を証拠として使用することが可能。

 

スタッフを配置する人件費よりも安く、監視の目を光らせることができる。

しかし、固定された場所からしか監視できず、死角が存在するため、100%問題に対処できるものではない。

 

電気錠・スマートロックを実装する

鍵の受け渡しを行う際、ポストなど鍵の場所を利用者に教える方法がメジャーだが、関係者以外の出入りや鍵の紛失などの問題につながる恐れがある。

 

そこで実装しておきたいのが、電気錠やスマートロック。

特にスマホアプリで施錠・開錠ができるスマートロックは、スマホ全盛の現在では必須のシステムなので、ぜひ取り入れておこう。

 

 

損害の取り決めをする

しっかり対策をしても、不特定多数の人が利用する以上、どうしても何らかの問題は発生してしまう。

 

そのため、利用規約やキャンセルポリシーを作成しておこう。

大事な項目の抜け漏れがないよう、弁護士に内容をチェックしてもらうと安心。

 

レンタルスペース事業のまとめ

レンタルスペースの運用には、事前に準備しておくべきことがたくさんある。

しかし、どの準備も利用者に気持ち良く使用してもらうために大切なことばかり。

利用者に選ばれ、喜ばれるスペースとして運営していくために、今回紹介したポイントをしっかり押さえてみよう。

利用者のためにしっかりと準備!

 

◾️スペースを借りたい人◾️

イベント開催・経営会議・社員研修などのビジネス利用から、結婚式・誕生会などのパーティー利用まで用途に応じて、あなたにぴったりなスペースを見つけることができる。

スペースマーケットで借りる >>

◾️スペースを貸したい人◾️

掲載は無料。

スペースマーケットがホストに提供するサービスや、手数料などについては、「スペース掲載をご希望の方へ」を確認しよう。

スペースマーケットで貸す >>

 

あなたの目的に合わせた空間を簡単貸し借りできる!

貸会議室から民泊まで、一風変わった空間を、一時間単位で貸し借り。3分で簡単予約。

あなたにオススメの記事!