ビジネス

ラグビー名将エディー・ジョーンズに学ぶ!3つの言葉で人生向上!

日本ラグビーの快挙!
ラグビーW杯日本代表予選突破!

そんな歓喜の中で、現在伸び悩んでいるダンサーに送る話を伝えたい。

これから送る言葉はダンスだけではなく、仕事や人生にも生かせる。
読んだ後で今の自分を振り返ると、気付きがあるかもしれない。

名将エディー・ジョーンズという存在

まずこれを知っておかないといけない。


エディー・ジョーンズ…

オーストラリアと日本のハーフ。
オーストラリアタスマニア州バーニー出身のラグビーユニオンの元選手、指導者。
33歳で現役引退。
高校の体育教師として第二の人生をスタートさせる。
ラグビーイングランド代表ヘッドコーチ、外国人コーチはイングランド史上初(2015年12月 – )
16年から17年3月までにテストマッチ18連勝を記録。

ラグビー・フットボール・ユニオン所属(2015年12月 – )
ゴールドマン・サックス日本アドバイザリーボード(2016年1月 – )。
元東海大学ラグビー部監督。

出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)

エディー・ジョーンズから学ぶ3つの言葉

この3つがあれば必ず向上することができる。

楽しんでいるか
スキルはあるか
練習量は足りているか

これらをダンスと人生に置き換えて説明していこう。

楽しんでいるか

あなたは楽しんでいるだろうか?

楽しむとは常にワクワクした状態であり、終わるのが嫌でずっと、もっとしていたい状態である。
ダンスを始めた当時は自分もこんな状態だった。
そんな時期が最低15年は続いたであろう。

確かに長く取り組んでいると気持ちに浮き沈みは出るけど、
「やっぱりしたい!」
こんな感情が出るのであれば楽しんでいるはずである。

仕事でこんな状態になることはある?

学生時代に夢見ていた、あのワクワク感。
社会人になっても、あのワクワクはまだあるだろうか。

自分に今一度、素直に向き合うことが大事。

スキルはあるか

あなたは最低限のスキルを持っているか?

ダンスでは基礎がしっかりできる事が前提。
そこから独自のノリやムーブを振付やフリースタイルで加え表現できるか。

伸び悩む前に、このベースとなるスキルを作らないといけない。

何に取り組むとしてもスキルは必要。
社会人でも

・ビジネスマナー・オフィススキル・営業スキル
・プレゼンテーションスキル・コミュニケーションスキル

などがある。
これは今はダンサーでも必要なスキルだ。

その他の業種でもそこで必要なスキルがあるだろう。
悩む前に、

「自分に足りないスキルがあるか?」
「最低限のスキルは持ち合わせているか?」

これを考えて取り組んでみよう。

練習量は足りているか

あなたは人より努力しているか?

これはダンスだけではなくスポーツ全般に言える。
考えるだけで上手くなるなら世話がない。

ダンスが上手くなるには動くしかない。
しかし、ただ動くだけではダメ。
自分のゴール(イメージ)をしっかり持って取り組まなければいけない。

動くとは練習である。
練習とは努力である。
努力は情熱から生まれる。
情熱は楽しさから生まれる。
楽しいと練習する。
練習するとスキルが上がる。

いま自分の中で、このサイクルが回っているか?

それを感じて欲しい。

楽しんでいるか
スキルはあるか
練習量は足りているか

あなたは自信持って言えますか?

エディー・ジョーンズの奇跡のレッスン動画

最後にこちらの動画をお届けしよう

成功の質問タイトル画像
【成功者の共通点】シンプルな1つの質問でわかる。キミはどっち?成功者と呼ばれる人には共通点がある。 全ての人が例外なく、それを実践している。 今回はそんな話をしていこう。 成功をする為に必...
おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。