ダンス

【アーティスト心得10選】音楽制作者は読んでおくべきアドバイス!

今回は、

アーティスト涙目!1つ上のレベルを目指すアドバイス10選

を書いていこう。

 

これは、LAをベースに活動しているアーティスト/プロデューサーのMndsgn(マインドデザイン)によるアドバイスである。

 

Mndsgn(マインドデザイン)とは

Mndsgn

 

Mndsgn(マインド・デザイン)はLAのヒップホップ・シーンに囲まれ才能を磨いてきたプロデューサー/ ビートメイカー。
LAのアンダーグラウンドシーンから認知度を高め、Stones Throw と契約。

stonesthrow

90’s ヒップホップからディスコ、ファンク、ブギー、そしてマッドリブやJ.ディラ、フライング・ロータスなどのレジェンドたちから影響を受け現代のシーンに響くビートを構築。

そんな彼が音楽制作する時の心得を語っているので紹介しよう。

 

新アルバム「Rare Pleasure」を2021年6月にリリース⬇︎

 

Mndsgnからのアドバイス10選

①自己認識が鍵

意図を持ってプロデュースすることは、意図を持って生活をすることと切り離せない。
自分のことを意識して、自分を理解することが重要だ。
創作をするということは、そういうことだと思う。

なるべく素直で、透明な形で「表現」をしよう。
言葉に限界があるところでも、音がそこから始まったりする。

②基本を学ぶことを楽しもう

既に簡単なコードなどは押さえることができようになった。
でも、家で暇なときに簡単なコードを弾いて「おお、これは映画みたいな音じゃんw」って楽しんでいた。
基本に触れ見直すことで新しい発見がある。

③他のクリエイターに話を聞いてみよう

1人ひとりのユニークさや独自性を認めて、その個性を応援しよう。
だからこそ自分の作品においても、「これについてどう思う?」って聞くといい。
その人の意見は、他の人の意見と違うかもしれないけど、それでいいんだ。

X-Menのようなものだと思う。
みんなが違うスーパーパワーを持っていて、その人特有のパワーにチューニングを合わせることで、洗練されていく。

 

JAY-Z Success philosophy
【Jay-Z ビジネス論】成功のアドバイス!ブランディングについて解説!今回は、 Jay-Zの"成功へのアドバイス"と"ビジネス哲学"! について書いていこう。 ラッパー業界屈指のビジネ...

 

④同類の精神を持った人たちを認識する

Knxwledge(ロサンゼルスを拠点とするアメリカのヒップホップレコードプロデューサー兼ソングライター)とは2008年ぐらいにインターネットで知り合ったんだ。
彼の家に遊びに行くと、色々なものを紹介してくれた。

自分の音楽の趣味や、パレットを広げる上で彼の存在は大きかった。
彼がいなかったら自分は全く違う存在になっていた。
メンター的な影響を請ける人たちを常に意識しておこう。

⑤クラシックと呼ばれる作品を勉強しよう

先人達のクリエイティブをリスペクトしよう。
曲作りを始めたときは、彼らがやっていたことを再現するのではなく、「こうやってるのかな?」って想像をしていた。

サンプリングの技術を知らなかったけど、サンプリングの曲を聞いて、どうにか楽器で再現しようとしていた。
それが想像力を使う訓練になっていたと思う。

⑥音楽理論を使ってもいいし、使わなくてもいい

もし自分が大工だったら、目の良さとセンスだけでもある程度は作れるかもしれない。
でも、基本的な数学は知る必要があるだろう。
自分の引き出しに多くのツールがあればあるほど、簡単になることもある。
音楽も同じだと思う。

音楽理論も自分にとってはそういうツールであり、使うところと使わないところを理解するのが重要だと思う。
もし使わないという選択ができないのであれば、理論が自分にとって害になるシチュエーションもある。

全てただのツールであり、情報でしかないし、全員が同じツールを同じように使うことはない。

 

Travis Scott-Branding
【Travis Scottに学べ!】アーティストのブランディング成功法!今回は、 トラヴィス・スコットから学ぶブランディングと話題作り! の解説をしていこう。 2020年にはマクドナ...

 

⑦自分のテイストを道標にしよう

曲作りより先にビート作りをやってよかったと思う。
「作曲」に近づくレベルまでビートが作れれば、自分のテイストに合わせて自分が「何を作りたいのか」「何を聴きたいのか」が理解できる。

理論とか情報が先に来たわけではなく、
自分が聴きたいテイストを作りたいという欲求が先に来てるんだ。
そういう自分の”センス”や”テイスト”は学校で教わることができない。
テイストはアカデミックではなく、自然にあるものだ。

⑧自分が一番優れたミュージシャンだと思うな

このアルバムに参加した人たちはみんな、”俺より凄い人たち”だと思う。
もちろん俺は自分がやったことに誇りを持っているし、自分を愛している。
でも、周りにこういうミュージシャンがいると、自分が持っていないものが見えるようになる。

⑨自分の原点を忘れるな

自分の中には、まだ子供のときのような好奇心があるはずだ。
でも、その好奇心にアクセスするのは難しいかもしれない。
自分は”愛と熱意と好奇心から生まれる音楽”を作ろうとしているだけだ。
それは原点からあまり変わっていない。

最近は初心に戻ってビートやドラムをつける作業をやっている。
まだ自分の芯があることに気が付けて気分がいい。
リザードンになっても、コアな部分はヒトカゲなんだ。
(ポケモン用語)

⑩自信のなさによってヴィジョンが曇る

「自分はクソだ」という心の声が自分の敵だ。
その声は弱く、自分が前に進むためには必要のないことだ。

無視しろとは言わないけど、自信をなくすことは、どんな創作活動でも起こること。
そんな声は気にせずに前に進めばいい。

 

マーケティング
【Toosie Slide】ファンを巻き込むPR戦略!ドレイクがヒットを生み続ける理由今回は、 ドレイクがヒットを生み続ける理由とは? 「Toosie Slide」から学ぶファンを巻き込む戦略! について書い...

 

1つ上のアーティストを目指す!アドバイスまとめ

①自己認識が鍵
②基本を学ぶことを楽しもう
③他のクリエイターに話を聞いてみよう
④同類の精神を持った人たちを認識する
⑤クラシックと呼ばれる作品を勉強しよう
⑥音楽理論を使ってもいいし、使わなくてもいい
⑦自分のテイストを道標にしよう
⑧自分が一番優れたミュージシャンだと思うな
⑨自分の原点を忘れるな
⑩自信のなさによってヴィジョンが曇る

今回は音楽制作に焦点を当てたアドバイスだった。
しかし、これらは創作する全ての人たちにとって大切なアドバイスである。
これらを意識して1つ上のアーティスト活動を目指し励んでほしい。

 

【書籍紹介】

347億円稼いだラッパーの物語。ハスラーから億万長者へ。
ラップ界の帝王が明かす音楽ビジネスの成功法。

ドラッグディーラーから這い上がり、億万長者となった伝説のラッパーのすべてを明かした日本初のジェイZ本。
ジェイZ本人へのインタビューやコメントを完全網羅することで、衝撃の引退宣言の事実、ビヨンセとの蜜月、そしてロッカフェラ・レコードを成功に導いたジェイZの起業家としての側面を暴いていく!

ショービズを目指す人へオススメの一冊。

あなたにオススメの記事!