ハウツー

【有酸素運動の罠】あなたが “太りやすい体質” になってしまうかも!?

今回は、

有酸素運動だけをすると太りやすい体質になる!?

という解説をしていこう。

 

これを読んでいるあなたは何の為に有酸素運動をしているだろうか?
ダイエットの為、心肺機能を高める為などの理由がほとんどだと思う。

有酸素運動は心肺機能を高める為にはとても効果的。
しかし、ダイエットの為にしている人は気をつけて欲しい。

 

有酸素運動のやりすぎは太りやすい体を作ってしまう!

 

ということが分かっているから。

スポーツジムに通う人は、ダンスはもちろんランニングマシーン、エアロビクス、ヨガ、ボクササイズなどの有酸素運動系が人気だろう。

でも、汗をかいて息を上げるだけでは逆に太りやすい身体になってしまう可能性があるのだ。

よく勘違いされているのがこれ、

 

「痩せたいなら有酸素運動!筋トレは筋肉が付いて逆に太くなってしまう!」

 

スポーツジムのトレーナーも「ダイエットには有酸素運動がおすすめ!」
と勧めてくることも多い。

このいい加減なアドバイスの為にスポーツジムでランニングマシンなど、ほぼ毎日1時間使い長時間汗を流している人もいると思うと残念。

毎日1時間もの有酸素運動をするのは、もちろん健康には良い。
その精神力と努力は見事だけど、肝心のダイエット効果は?というと逆効果になる可能性が高い

その理由を今から書いていこう。

 

何故、太りやすい体になるのか?

まず人間の体はとても優秀で、生きている環境に合わせて変化していく。
ということを理解しておく事が大事。

競輪選手やサッカー選手は足をよく使うので足が太く発達しする。
テニス選手などはラケットを持つ利き腕だけ太く発達する。

といったことも環境に合わせて体が変化している例である。

 

では、有酸素運動をたくさんやると体はどう変化するのだろうか。
それは、

できるだけエネルギー(カロリー)を消費しない体にする

有酸素運動は多くのエネルギーを消費する。
通常の人と同じエネルギー消費量では、すぐにエネルギー不足となってしまう為、エネルギー消費をできるだけ防ごうと体が変化していくのである。

要は、”体が低燃費“になっていくということ。

これはダンスにも言える。
この記事に書いたので参考にして欲しい⬇︎

ダイエットタイトルの画像
【注意喚起】ダンスのダイエット効果はない!理由と具体的な改善メニューを徹底解説【ダンスで痩せない人は必見!】ダンスはダイエット・筋トレ効果がある?ない?その理由と効果を上げる改善方法の具体的なメニューとは?痩せる為に「必要な基本知識」とダンスで痩せたい人に「オススメのジャンル」も教えます。ダンス歴25年のリアルな体験談を踏まえた解説!...

 

有酸素運動は確かに短期的に見れば脂肪を燃やす事になり、体重を落とすことができる。

しかし、有酸素運動のみを続けていくと、体はトレーニングに適用していくために、少しのエネルギーで長時間動く事ができる体質に変わってしまう。

車で例えると、

少量のガソリンで長距離走ることができる、燃費の良い軽自動車みたいな体質になってしまう。
軽い運動では代謝されにくくなり、むしろ長くダラダラ動けるようになり代謝が遅くなる。

でも、これは人の適応力、進化とも言える。
少しの食べ物で長時間動ける体質になるので、遭難したりサバイバル環境にはベストな体なのだ。

ディスカバリーチャンネルディスカバリーチャンネル

しかし、一般的なダイエットからみると、食べた物を消費しにくい体質は非効率的。
あなたは、”さっき食べたシュークリームを1秒でも早く消したい”と思っているはずだ。

そして有酸素信者から、こんな声も聞こえてきそうだ、

「いや、でもマラソン選手とかは痩せているし太っている人なんていないじゃん!」

こう思う人もいると思う。

 

マラソン選手が痩せている理由は「毎日走り続けているから」である。
毎日走り続ければいくら低燃費でも、カロリーは消費される。

選手の食事を見た事があるだろうか、めっちゃ食べるのである。
マラソン選手のトップは練習で、1週間に160kmから190km程度を走る。
2カ月間の練習で約1,600kmを走破するほど。

食べても食べても、これだけ走り続ければカロリーは消費されてしまう。
トップではなくても、マラソン選手は毎日相当な距離を走り続けているのだ。

 

リバウンドのメカニズム

ダイエットをしている人は全員こう思っているはず。

「食事をしっかり食べても体重は落ちる。そして、それをキープできる体になりたい!」

 

しかし有酸素をやり過ぎて低燃費の体になっているので、運動を辞めて同じ量のカロリーを摂取しているとすぐ太ってしまう。

今まで有酸素をディスってきたけど、”有酸素と食事管理”でダイエット効果は出せる。
有酸素運動にプラスして”厳しい食事制限“をすることで、体重をぐっと落とすことは可能。

しかし、そんな状態を長期間続けていく事はほぼ不可能。
あなたは、それを永遠に継続できる自信があるだろうか?

体重が落ちたら、それをキープする必要がある
そこに、ゴールは…ない。

 

無理なダイエットは欲望を増大させる

 

●有酸素運動をしっかり行う!
●厳しい食事制限をする!
●3ヶ月程度で見違えるほどシェイプアップした!

 

そんな人が、その数か月後に一気に太ってしまい以前より太ってしまった。
こんなリバウンドネタは良くある。

これは、体重が落ちた!という達成感で、”抑えていた食欲が開放!”そして、元の食事量に戻ってしまった結果である。

有酸素運動でトレーニングされた体は最初の説明のように、”燃費の良い体”になっているので、食べたものが消費されず蓄積してしまう。
つまり、動物でいう冬眠状態。

もし食べる量が以前と同量でも、トレーニングを継続しない限り消費カロリーは圧倒的に少なくなる。
消費されにくい体質のまま運動せず、昔の食事に戻せば当然一気に体重は増えてしまう

これがリバウンドのメカニズムである。

 

女性トレーニング
【女性専用】自宅トレーニングでリバウンドしない体に!厳選部分メニュー10選 今回は、 女性必見!自宅でできる筋トレメニューを10種類! を紹介していこう。 家にいる時間が増える時...

 

もし体重が落ちても魅力的な体系になれない!?

仮に、

有酸素運動+厳しい食事制限を長期間やり続けられる!
という強い精神力があれば問題ない。

という事でもない。

 

確かに、体重は落ちる。
しかし、有酸素だけでは”筋肉量も落ちていく“ので、いわゆる老人の体系に近づいていき、あなたが求める健康的で魅力的な身体にはなれない。

いくら体重が落ちても、その姿は魅力的ではない。
という可能性が高い。

あなたはマラソン選手のような細い身体を求めているのだろうか。

マラソン選手

 

そもそもダイエットをする目的は?

ここで、ダイエットを行う目的を考える必要がある。
その前に、ダイエットをする”根本の目的”はなんだろうか。

体重を落とすこと?

もちろんそれは前提だけど、ほとんどの人はこう思うはずだ。

見た目が健康的で、魅力的になりたい!

逆に、

「見た目はどうでも良い、とにかく体重だけを落としたい!」

という人は、とにかく有酸素運動+厳しい食事制限を継続していけば必ず痩せていくだろう。

 

あくまでも、理想的な体型を手にいれるには脂肪を落とさないといけない。
脂肪を落とせば体重が減るので、”体重を落とすこと”が重要ではなく”無駄な脂肪を落とすこと“が重要なのである。

多くのプロスポーツ選手は筋肉量があり体脂肪率が低いので、見た目より遥かに体重が重いが、その体型に憧れる人は多い。

自分は趣味で格闘技をしているけど、プロの選手と比較するとわかる。
同じ体重でこうも違うか。みたいな。
特に試合前のプロの体型は無駄が無く、カッコいい。

 

トレーニング
【成功者は筋トレ好き!?】筋肉は人生を変える!科学的な理由今回は、 筋肉が人生を変える科学的な理由 というテーマ。 これは、この本に書かれている。 『超 筋トレが...

 

体重ではなく体型を気にしよう!

「体重は気にしないで良い。鏡に映る自分の姿を気にしよう!」

つまり、体重が変わらなくても、もし逆に体重が増えても、以前より健康的で魅力的に見えればそれが正解ということ。

男性のあなた、同じ体重でもあなたはどちらになりたいだろうか。

 

理想の体型

 

女性ならどちらが魅力的だろうか。

理想の体型

 

実際、自分の場合も、脂肪が落ちて筋肉がつくことで体重は殆ど変わらず(むしろ少し増えた)しかし、お腹周りの脂肪は落ちてウエストも細くなった。(筋肉は脂肪の3倍の重さがあると言われている)

いくら体重が落ちても、ガリガリになってしまい老人のような体になってしまったら、何のためのダイエットなんだということになってしまう。

ガリガリ女性

数字だと分かりやすいので、つい体重を目標にしがちだけど多くの人の場合、ダイエットの目的は「健康的かつ魅力的な体を手に入れる」ということだよね?

 

ハンズクラップ
【ハンドクラップ】2週間で10キロ痩せないダンス!?解説痩せすぎダンス「ハンドクラップ」実はダイエット効果はない!?ダンス歴25年がその理由を具体的に解説。さらにダンスで痩せる効果を上げる方法を伝授。...

 

健康的かつ魅力的な体を手に入れるには?

では、一体どうやったら健康的かつ魅力的な体を手にいれられるのか。
それは、

筋肉を正しい箇所に綺麗に付けるために筋トレをする!

 

「えっ!筋肉が付いたら体重が増えるし、太って見えちゃう!!」

と心配する人もいそうだけど、今まで説明した通り実際の体重はさほど重要では無い。

体重の数字ではなく、見た目が健康的になれば肥満には見えない。
筋肉で締まっていればタルんで見えない。
そして、その体重がベスト体重ともいえる。

 

計画的に筋肉を鍛える事が重要

綺麗な身体にするには、”どこの筋肉を鍛えるべきか?“を考え計画的に鍛えていく必要がある。

腕、腹筋、お尻の上部、胸など綺麗なプロモーションにするために必要な部位を鍛えて、筋肉を増やし太りにくい体質を作る事が重要。

筋肉は脂肪よりカロリーを多く消費する。
つまり筋肉が付けば付くほど消費カロリーが多くなり、”同じ量を食べても太らない“という理想的な状況になる。

そして、正しい筋トレ(しっかり筋肉に負荷をかける)をすると、筋肉の疲労を回復させる(超回復)際に多くのエネルギーを使うので、これまた自動的に消費カロリーを増やすことができる。

 

有酸素運動のやり過ぎは控えよう!

しかし、ダイエット目的で有酸素運動はやらない方が良い!という訳では無い。
やりすぎはあまり良くない。ということ。

では、どのくらいが適量なのか?
と言いうと、

1回30分を週に2〜3回程度が好ましい。

とされている。
たまにダイエット目的で毎日1時間以上ランニングしているという人がいる。
これはやりすぎ。

確かに走り続けている時は痩せていくだろう。
ただし体はどんどん低燃費体質になっていき、痩せにくい体質になる。

何でも「やりすぎ」には注意が必要ということ。
有酸素運動は適量やればダイエットにはかなり効果的なので、そこを履き違えないようにして欲しい。

 

ダンスダイエット
【ダンスで痩せたい!】動いて痩せる為に本当に必要な事とは?ただダンスを踊って痩せるのであれば、みんな悩まない! ダンスのダイエット効果は?そもそも痩せるってどういう意味?トレーニング効果があるダンスジャンルは?それを習慣化する為には? 「ダンスでダイエットしたい!」「ダンスで痩せたい!」そんなあなたへ贈りたい。 痩せる為に必要なことをダンスのプロ歴20年視点で解説。...

 

有酸素運動はしっかり基礎筋肉を付けてからやるべき!

これまでの説明通り有酸素運動が悪い訳では無い。

必要な基礎筋肉を付けた後に”筋トレと合わせて適切な量を行う”のあれば、より効率的なダイエットが可能となる。

正しいトレーニング方法は自分で調べる必要がある

最近、日本のスポーツジムでもパーソナルトレーナーシステムが人気が高い。

しかし、トレーナーの質はピンキリで正しい知識をもたないトレーナーも多いのも事実。
1週間の講習を受けただけでプロのトレーナーとして働いている人もいるのが現状。

例えば、

腰のくびれが欲しい!

という人にわき腹を鍛えるトレーニングを指示するトレーナーも少なくない。
しかしこの場合、トレーナーの指示に従ってトレーニングを続けると、わき腹の筋肉が肥大して腰が太くなってしまう。

くびれが欲しい人はこの記事を参考にしてみよう⬇︎

腹筋
【厳選!腹筋を鍛えるメニュー15選】脂肪燃焼・くびれに効果的な動画解説 今回は、 お腹痩せに効果的なダイエットメニュー15選をご紹介していこう。 なかなかお腹が痩せられない! お腹を...
腹筋
【腹筋が割れない?】体脂肪を減らせば割れる!効果的な方法を解説今回は、 腹筋が割れない原因は体脂肪!効果的な方法 を解説していこう。 腹筋してるけど腹筋が割れない! ...

 

トレーナーの知識が間違っていた場合、無駄な努力と時間を使ったり、最悪”逆効果”になることがある。

そこで重要になるのは、自分で正しい知識を身に付けるということ。

 

ネットメディアでもトップレベルの正しいトレーニング方法を知る事が可能

今はインターネットで簡単に正しいトレーニング方法を知る事ができる。
特にYoutubeでは日本トップレベルのトレーナーや世界で活躍しているアスリート達が数多くの動画をアップして、トレーニングの情報を発信している。

これを参考にするべき。

トレーニング初心者の人は自分で正しい知識をつけることで、更に効率の良いトレーニングができるようになるので、自分で調べる事は知識も増え一石二鳥なのだ。

 

骨盤トレーニング
【骨盤ダイエット】自宅で出来る!効果的なトレーニングメニュー厳選動画! 今回は、 なかなか痩せられない! お腹周りや脚のエクササイズ動画 を紹介していこう。 その原因は...
太ももダイエット
太もも痩せたい!自宅で挑戦!厳選ダイエットメニュー動画 今回は、 太もも痩せに効果的なマッサージ・ストレッチ・筋トレ動画を厳選! 頑張ってダイエットをしても、なかな...

 

本気でダイエットしたい人にお勧めメニュー

それは、結局

筋トレ+有酸素運動が1番効果的!

つまり、”代謝が上がる体作りが最短なのだ。

 

筋トレ初心者
【筋トレ女子】初心者が最初にやるべき筋トレメニュー!効果!食事方法!今回は、 筋トレ初心者の女子が最初にやるべき筋トレメニュー、その効果と食事方法! を書いていこう。 筋トレとい...

 

あなたの肥満は遺伝子レベル!?

太りやすい体質か調べるのも1つの解決策かもしれない。
それがDNASLIM

このDNASLIMただ検査結果を知るだけではなく、

●脂肪がつきやすい部位の提示
●食事のアドバイス、効果的な運動の提案
●個々のダイエットプランに加えて現在の食行動の傾向がわかるチェックリスト

などアフターケアも万全なので、気になる人はチェックしてみよう。

【肥満に関わる5種類の遺伝子を検査】
DNASLIMで検査してみる >>

 

筋トレのやり方がわからない。。。
という理由で、有酸素運動ばかりやってしまう人も多い、やり過ぎには注意してトレーニング記事のまとめを参考にしてみよう!⬇︎

トレーニング

“ダンス未経験・初心者”に
おすすめ記事をまとめたよ⬇︎

未経験
初心者

 

あなたにオススメの記事!