ビジネス

【コピーライティング】ズバリ!お客の購買力を上げる3つのポイント!

今回は、

ズバリ!客の購買力を上げる方法!

について書いていこう。

 

何か行動を促すための文章を書く場合、必ず付けるべき内容がある。
それは、

限定性(希少性)!

「いつでも良いですよ」というオファーでは人は動かない。
なぜなら、人はいつでもできると思うと、いつまでも行動しようとしないから。

 

例えば、

近所に有名な観光地があるとしても、実際に行ったことのない人は大勢いる。
しかし、引越しする予定になった時などに、ようやく

「近くの、あの有名な観光地に行ってみようかな…」

という気持ちが生まれる。

これと同じように、人を動かすためには限定性を出す必要があるのだ。
人は失う恐怖によって、ようやく動くようになる。

今から、その効果を引き出す”コピーライティング3つのポイント”を説明していこう。

 

限定性を付けて人を動かす

あらゆる心理学の中でも、人を動かすために最も有効な手段が限定性である。
なので、無理やりでも限定性を見つけることで、

「今すぐに動かなければ!」

と思わせる必要がある。
もし限定性がなければ、

「よし、やろうかな」

と、お客に思わすことができたとしても、

「まぁ、でも先に他の用事をしようか」

と思い、席を立った瞬間に全てを忘れてしまうだろう。
そのため、優先順位を最優先にさせ即行動させる限定性がなければいけない。

 

錯覚資産
【錯覚資産】人生を好転させるには〇〇○させる事が重要!今回は、最近読んだ本で良かった考え方をシェアしていこうと思う。 その本とは、 人生は運よりも実力よりも勘違いさせる力で決...

 

限定性にはの3つある

限定性には主に次の3つがある。

●期間の限定
●人数の限定
●特典の限定

これを組み合わせることにより、限定性を全面に打ち出していく。

 

●期間の限定

例えば、期間の限定なら、

「○月○日で募集終了!」
「本日から3日間だけ!」

などになる。

また、

「明日から値上げします」

なども、今日中に買わないといけない!
と思わせる限定性になる。

●人数の限定

人数限定では、

「会場が30人まで収容でき、あと3枠しかありません」
「数に限りがあるため200人しか配れません」

など。

●特典の限定

特典の限定は上記の人数の限定、期間の限定に共通する部分があるが、

「この特典が付くのは今日まで!」
「先着20人限定でこの特典をお渡しします」

など。

これらの限定性を複数組み合わせることで、お客に行動を起こさせるのである。

 

ゼロイチ
【短所は長所】新しいアイデア・ビジネスを生み出す発想法を解説!今回は、 新しいアイデア・ビジネスを生み出す発想法! について書いていこう。 新たなビジネスモデルやアイディア...

 

ウソの限定性はダメ!

中にはウソの限定性を出している人も多い。

ハッキリ言って、見せ掛け(偽り)の限定性はどうなのかなと思う。
今だと、すぐ口コミなどで噂になり評判や価値を下げてしまうだろう。

 

例えば、
「200人限定」と言いながら、実際には延々と売り続けられている商品はかなりある。
毎日閉店セールをしている店舗もある。

お客も馬鹿ではないので、さすがにその判断はつく。
もし、これを続ければ、お客の信用を失うことになってしまうだろう。

 

あなたが商品を売り続けたいなら、前述の通り”特典の限定性“を出しても良い。
半年に1回くらいのペースで理由を付けて、

「【3日間限定】特典復活キャンペーン!」

を開催しても誰も文句を言わないはず。
ウソを付いてもすぐにばれるのだ。

 

テーマパーク戦略
【ビジネスの本質】ディズニーのテーマパーク戦略があなたのビジネスを変える!ブログを読んでくれてありがとう! これが今年最後の記事! 来年も何卒宜しくお願いします。 では今回は、 ディズニ...

 

お客の購買力を上げる3つのポイント!のまとめ

コピーライティングのテクニックで、「限定性を付ける」という方法があるが多くの人が使い方を間違っている。

何でも良いから限定性を付ければ良いわけではない。

限定性を付ける理由を記載する。
限定性が本物である。

これがないと意味がないのだ。

以上を理解して、正しく売る方法を身に付けて実践してみよう!

 

【書籍紹介】

Web集客で悩むすべての人へ! 成果を上げる「極意」を伝える。

本書は、初心者の方にもわかりやすく、Webマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するマンガ風のストーリーと、理解を深めるための解説記事を交えた構成になっている。

Webマーケティングで伝えられるのは、その商品が本来もっている価値の「100%まで」。

だからこそ、実直かつ真摯に商品と向き合い、その価値を顧客へと適切に届ける導線づくりが大切になる。
本書には、そのためのエッセンスや具体的な施策の考え方が詰まっている。

こんな人にオススメ!

●Webマーケティングを初歩から学んでみたい方
●WebサービスやECサイトの成果が上がらず悩んでいる方
●Webサイトを通じて商品の「価値」を正しく届けたい方

 

あなたにオススメの記事!