ビジネス

【プレゼンスキル】飽きない!聞かせる!理解させる!ポイント3つ解説!

今回は、

プレゼンが上手な人の3つの共通点!

を解説していこう。

 

会話をしていて、「結局何が言いたいんだよ!」て人いるよね。
ダラダラ前置き長い人もいるし、疲れるよね。
これは仕事でも同じ。

会議、セミナーなどで講演を聞く時にゲスト講師などの話し方を見ていると、上手な人には3つの共通点がある。
これは「人に伝える」という基本なので、普段の会話などにも活用できる。
自分はダンス講師の経験もあるので自然と活用していた。

今からその3つを解説していくので、是非参考にしてみよう。

 

①話の構成

1つ目は話の構成。

上手い人は「全体から部分へ」を意識して話している。
まず、全体として何を話すのかを先に明らかにした上で、それぞれについて細かく説明していく。
このような話の構成だと、全体が頭に入った上で部分の話を聞くことができ、頭の中がすっきり整理される。

逆に「部分から全体へ」という積み上げ型だと、全体像がわからないまま新しい話がどんどん進んでしまう。
これだと全体構成を把握することができないので、理解しにくいのだ。

 

言い訳の天才
【成功確率30%アップ!】あなたが失敗し続け、成功できない理由とは?今回は、 なぜ、人は失敗するのか。 そして、成功できないのか。 について書いていこう。 成功できない理由とは ...

 

②例え話が巧み

2つ目は、例え話が巧みということ。

新しい概念を理解してもらうためには、身近な例えから直感的に理解してもらうのが1番イメージしやすい。
話が上手な人は、この例えを上手に使って理解度を高めていく。

芸人でも例え話が上手い人は面白い。
これもイメージしやすくなるため。

 

起業家タイプ
【起業家タイプ】早く起業するべきタイプとは?7つのチェックポイント!今回は、 起業家タイプ解説!こんなタイプは早く起業しよう! という内容を書いていこう。 大企業に勤務していて...

 

③話の内容を絞り込んでいる

ラスト3つ目は、話の内容を絞り込んでいること。

あれこれ伝えようとして情報をてんこ盛りにすると、逆に何が言いたいのか伝わりにくくなってしまう。
また膨大な資料や情報を見せる人もいるが、聞き手の処理能力をオーバーしてしまい、途中から飽きられ真面目に聞いてもらえなくなる可能性が高い。

聞き手が腹八分目ぐらいになったところで話を切り上げる。
このようなプレゼンテーションは、「また話を聞いてみたい」
と言う気持ちにさせ、聞き手の満足度も高まる。

 

1分で話せ
【孫さんも認めたプレゼン術】人を動かす最強のプレゼンとは?今回は、 伊藤洋一さんが書かれたベストセラー 「1分で話せ!」 という本について解説していこう。 ...

 

【プレゼンスキル】終わりに

プレゼンテーションが上手い人は、普段の会話も面白い。
そして、この人たちの話を聞く事は、自分のコンテンツのブラッシュアップにもつながる。
一緒に仕事をする機会を貪欲に活用して、仕事やプライベートを充実させていこう。

 

【書籍紹介】

現在、

「より一層のデジタル化」
「ビジネスチャットの普及」
「テレワークの拡大」

が進んでいる。
そうしたビジネスコミュニケーションのデジタル化により、ビジネスパーソンから「考え抜く力」が削がれていく。
実際に、

「資料がまとまらない」
「何を、どう伝えれば効果的に相手に届くのかわからない」

という人が多くなっていないだろうか。
そのため「紙1枚」にまとめることを通じて、「考え抜く力」を養うことが必要なのである。

シンプルイズベスト!

本書では、著者が独自の研究を重ねて体系化した、「考え抜くことからスタートし、情報を整理してまとめ、わかりやすく伝える技術」を伝授している。

「紙1枚」

プレゼン資料の作成ノウハウ。
初公開の実践的な「プレゼン」の進め方。
資料作成とプレゼンの両面で使える手法。

を解説。
最速で相手を納得させる一発OKのプレゼンバイブル!

 

成長
【成長する人の共通点3つ】仕事で成長を続ける人。いつまでも変わらない人。今回は、 仕事で成長する人と、いつまでも変わらない人の違い について書いていこう。 以前からずっと一緒に仕事を...
あなたにオススメの記事!