ビジネス

なぜレッドオーシャン市場は危険なのか?その戦い方とは?

今やYouTubeはいわゆる「レッドオーシャン」状態である!

一昔はメルマガやブログといったテキストベースの情報発信が流行ったけど、最近ではYouTubeやTikTokといった動画ベースの情報発信が人気で動画配信に参入している人が多い。

今では、多くのユーチューバーがいて、編集も凝ってわかりやすい動画を次々にあげている。

もはや、時間を費やしコンテンツを練り上げ、丁寧に編集したクオリティーの高いものでなければ勝負にならない。
もちろん中には、雑な編集でも人気な人はいるが、そのぶん企画が面白い。

しかも、人気YouTuberになったとしても、ちょっと手を抜くとすぐに他の人たちに抜かれてしまう…。

このように考えると、YouTubeのような一般的に認知された旬なサービスに参入し競争することは、あまり得策では無い。

これは、どのビジネスでも同じように当てはまる。

 

Where are you?
【ナニよりドコか】あなたが努力をしても報われない理由努力が結果に結びつかない人には理由がある。「自分の努力が足りない」と自己嫌悪になる前に、自分がいる場所が正しいかを考えてみよう。...

 

レッドオーシャン市場の危険性

有望なビジネスジャンルと考える人が増えると、そのマーケットに参入する人が増えてくる。

参加者が増えて競争相手が多くなるだけではなく、優れたプレイヤーも多く参入してくるので、競争優位を維持することが難しくなる。

また、レッドオーシャン市場では競合が「価格競争」を始めることが多く、ディスカウント競争からマーケットが値崩れし、収益性が維持できなくなる危険がある。

市場がレッドオーシャン状態なら、その中での 差別化を保てるか? を考えるべきである。

もし他のプレイヤーと差別化できないなら、潔くその市場から撤退し、新しいマーケットを探すのが賢明。

差別化によるオンリーワン戦略

これこそが、価格競争に巻き込まれない継続性の高いビジネスの基本。
だからこそ、他の人にできることをレッドオーシャン市場でやってはいけないのである。

 

【書籍紹介】

“がむしゃらに働く人生”から脱却し、本当に必要な努力に注力できる自分に変われ!

世界的なパンデミックによって、新しい価値観が生まれた。
これまでの”がむしゃらな努力”による成長思想、成長前提をベースに考える米英型の考えに対して、「もう限界にきている」

しかし、「組織のためにがんばる」になれた人がいきなり、「がんばる」を捨てることは簡単ではない。

だけど、「がんばらない努力」を身につければ、そのマインドを変えることができる。

これからの時代に大切なのは、
がんばらない努力」を身につけること。

ただし、「がんばらない=何もしない、やる気を出さない」
ということではない。

限られた時間の中で、すべての物事に全力で取り組んできた今までを見直し、自分の目的達成のために本当に必要な努力だけをする。
そして、それ以外は決断や思考を必要としない仕組みを作る。

それが「がんばらない努力」なのである。

この一冊から「努力の本質」を学んで、がんばらないで成功して欲しい。

こちらもオススメの記事
error: Content is protected !!