ダンス

【反面教師】メジャーデビューを経験した「学び」と「反省点」4つ

今回は少し苦くシビアな話題を書いていこうと思う。

 

これは

自分に対する反省。
今後同じことを繰り返さない。
同じ環境の人に的確なアドバイスをしたい。

と言う気持ちを込めた記事。

 

でも、当時を思い出すと腹たつ事もあるw
愚痴っぽくなってたら申し訳ないです。

今回は書かせてね

 

自分はメジャーデビューをしていた経験がある。

詳しくはプロフィール

 

レーベルも誰もが知る大手。
そこそこ大きなプロジェクトで億単位のプロモーションだった。

デビューも実は2回している。
2回目はレーベル移籍し「ユニット名」と「ボーカル」を変え延命策的なリリース。

しかし共に失敗に終わった。

 

こんな経験を語れるダンサーもあまりいないと思うので、自分が当時を振り返って感じた反省点や学んだことを書いていこうと思う。

改めて書くと、極めて当たり前のこと!

でも、当時はしっかり理解できていなかった。
それは自分とメンバー含めである。

 

人には必ず、あるであろう

「あの時こうしていれば…」

と言うタイミングが自分にもあった。

 

あの時にこう考えて、こう行動していれば…。
そんな「タラレバ」の気持ちと自戒の意味も込めて。

特にユニットやチーム活動をしている人、今後その可能性がある人達の参考になるといいな。

 

ダンスでメジャーデビューしたきっかけ

そもそもダンスでメジャーデビューする経緯ってなんなの?

と言う疑問がある。
極めてシンプルに書くと以下。

 

宇多田ヒカルのバックダンサーを務める。
⬇︎
それがきっかけで「THE・夜もヒッパレ」レギュラーに抜擢。
⬇︎
大人の事情でボーカル付けてユニットデビュー。

 

説明簡単すぎたか。

要は、宇多田ヒカルきっかけでトントン拍子で何も考えずメジャーまで行けてしまったということ。

「出会い」「タイミング」「環境」にかなり恵まれていた典型。
決して自分の力ではない!と今でも思っている。

 

そして、
この「トントン拍子でメジャーまで行けた」が今回の反省点であり根幹になっている。

次は、この「トントン拍子」の反省と学びを書いていく。

 

長いけど読んでみて⬇︎

バックダンサータイトル画像
①独学で仲間達とアーティストのバックダンサーなった物語(全6話)約6分で読めます。 このシリーズは、ある大物アーティストの初ライブバックダンサー@武道館に辿り着くまでストーリー。...

 

組織の上の人間は重要!しっかり判断しよう

これは経営者、上司、先輩、リーダー全てに言える。

 

結論から書くと、

上の人間が仕事できないと結局ポシャる。

と言う事。

 

当時の自分はダンスしか知らず、業界を知らないまま芸能活動をしていた。

直属の上司(プロデューサー)、先輩ダンサーの意見やアドバイスを素直に聞いている状態。

 

自分のオールで漕がず、組織の船に揺られていただけ

 

自分より経験があり物事を知っている人の意見は大事。
しかし、その意見やアドバイスの方向性が間違っていると全て悪い方向に流れてしまう。

 

この解決策は、

・自分でしっかり学ぶ。
・自分で考え判断し意見を持つ。
・信頼や尊敬できる人に意見をもらう。
・バカな人に意見を聞かない。

 

最後のバカな人は言葉が悪いけど、真実。
意見を求めるなら必ず尊敬できたり、信頼置ける人にしよう。

自分は大した挫折がなく、トントン拍子でメジャーまで辿り着いてしまったのも原因の1つ。

この背景を気にして、しっかり注意しアドバイスをするのが上の人間の役目。
しかし、その上も同じような調子乗りタイプだったのでどうしようもない。

まぁ自分の自覚欠如と無知が全ての原因なんだけど。

 

時間は大事だよぉ⬇︎

成功者
リアルに夢を実現化する!成功者の時間の使い方とは?今回は、ジェームススキナー著書 あなたの夢を実現化させる成功の9つのステップ について書いていこう。 あなたの夢を...

 

大御所と呼ばれる先輩ダンサーのアドバイス

当時、大御所と呼ばれる先輩ダンサーから記憶の強いアドバイスがある。

ダンスイベントで挨拶に向かい、こんなことを言われた。

 

スクールを全部切って(辞めて)活動に集中しろよ

 

当時、自分達はメディア活動と並行しダンスインストラクターもしていた。

その状況を見て先輩いわく、

「売れるには1本に集中しろ」

と言う、一見正論なアドバイスをもらった。

 

しかし、今の自分が思う事は…。

 

結局、嫉妬だったと思う。
後輩の人気が上がりレッスンや生徒を持ってかれるのが嫌だった。

 

器の小さい典型。

 

ちなみにこの先輩、この記事⬇︎で書いた、「ギャラを抜き人望をなくし孤立した人」である。

タブー
【実体験】プロダンサーが注意すべきタブー6つ!あなたは大丈夫?今回は ダンスでプロ活動する上でタブーとされていること について書いていくよ。 プロとは「ダンスでお金をもらう...

 

バカな人に意見を聞かない

 

このいい例。
みんなは是非、気を付けてほしい。

アホ
アホと向き合うのは時間の無駄!アホを相手にしない方法とは?今回は、 頭に来てもアホとは戦うな という書籍のポイントを紹介していこう。 頭に来てもアホとは戦うな! ...

 

もし今の自分が同じような状況の後輩にアドバイスするなら。

もし仕事が忙しくスクール側にも代講とか迷惑かけてる場合。

一般のダンススクールは辞めて、
音楽、芸能系生のスクールだけ継続すれば良いよ。

 

特に芸能系のスクールは仕事に繋がる可能性もあるし。
むしろ、自分達でもスクール開いちゃえば?

 

そこで良い子がいたらチームに入れて…
(なんかそんなシステムあるなw)

 

決して全部切って辞めろ!

的なことは言わないし、もっと大きなことできるじゃん?
と規模や可能性を広げるアドバイスをするだろう。

 

 

戦略
【競争戦略】勝ち続けたいなら変人になれ!勝てる戦略の考え方とは?今回は、 ストーリーとしての競争戦略 〜優れた戦略の条件〜 という本から 知ってるようで知らない。 ...

 

もう1つエピソードがある。

 

事務所の上司(プロデューサー)のエピソード

これはユニット活動終盤の話。
仕事も少なく、活動規模も広がらない状況だった。

 

この状況で上司は毎回大風呂敷広げ、自分達に上手く話す。
でも結局、”仕事として形にならない”の繰り返し。

この時も「仕事取ってきたぞ!」アピールをしてきた。

 

自分は今回も同じ流れ(仕事にならない)の予感がしたので、

 

上手くいけばいいですね

 

と皮肉っぽく素直に口にしたところ、

 

「上手くいくんだよ!」

 

と逆ギレされた。

 

この時、

「は?なんでキレてんの?」

と思った。
自分は正論を伝えたと思ったからだ。

確かに会社なら上司を怒らせるかもしれない笑
でも、実際に毎回仕事にならず終わっているのだ。

プライド、自尊心だけ高くその自覚が足りない。

 

その席にはメンバー全員いたのだけど、その後に

「あれ、おかしいよな」

というフォローも全くなく、むしろ

「リアールがおかしい事を言ってしまった」

と笑い話になっていた。
仕事にならない状況を笑えるて異常。

今思うと上の人間メンバーも終わってたね。

 

上に立つ人の「人間性」と「器と行動力」「先見性」などは本当に重要。
あと、近い人間にも言える事で、

 

「何をやるか」

より

誰と何をやるか

 

これが物凄く大事だと学んだ。

 

まさにこの記事⬇︎

 

5人のタイトル画像
【人生の法則】あなたの周りの5人の平均がアナタを作っている!今回は有名な法則の話をしよう。 あなたの周りの5人の平均がアナタを作っている! という話。 あなたの身近にはど...

 

自分で考え発言し行動する事が大事

順調に物事が進み過ぎると思考も低下してしまう。

最初のトントン拍子のおかげで、自分は事務所や上司に寄りかかり過ぎていた。

 

「業界知らないし、着いて行けば大丈夫っしょ!」

 

みたいな。

・自分達がどうなりたいのか?
・何を目指しているのか?

方向性、コンセプトも”ふわふわ”して活動していた。

 

もちろん「見せ方」や「方向性」は話し合いをしていた。

けど、結局は事務所や上の考えた意見に着いていくしかなかった。

 

そして、ハッキリ言うと全員(自分、メンバー、上司含め)センスがなかった

という結果に終わった訳だが…。

 

用意された衣装をダサいと思っても

「いいっすねー」

とサラリーマン的な反応をしたり…。

 

ムーブメントを生み出そうとしている人間がこれではダメだ。

上司とぶつかり対立するぐらいの「気持ち」と「意見」を持たないと、人を魅了するアーティストになれる訳が無い。

 

脳を最適化
【脳を最適化】脳内物質をコントロールして能力2倍にアップデート!今回は、 脳を最適化すれば能力は2倍になる! という本をもとに、脳内物質セロトニンとメラトニンについて解説していこう。 ...

 

将来のビジョンを設定する

当時はダンスでメディア活動するユニットは非常に少なかった。
そんな恵まれた環境と活動に自分達は楽観視していた。

 

用意された船に乗り、揺られていればゴールに着くだろう。

 

そんな甘い考えで活動していた。

その代わり、毎日本当に楽しく後悔なく好きなことだけして過ごしてきた。
それは今もありがたいし、あの日々で満たされた事も沢山ある。

 

それでも、お金やビジネスに関してもっと勉強しておくべきだったし、あの環境だからこそもっと有意義に学べたはずだ。
長い物に巻かれず、

 

セルフブランディングする意気込みで取り組むべきだった

 

ダンス業界でそこそこ地位を確立していたのだから、やれたことは物凄い沢山あったはず。

 

あの頃の自分に読ませてあげたい⬇︎

 

起業家
【実話書籍】あなたの成功をサポート!「起業家ノンフィクション」10選【起業家書籍】あなたを成功に導く厳選10冊を紹介!成功者のリアルな考え方や行動力とは?ドキュメントの実話から学び、あなたのモチベーションをアップ!...

 

調子に乗らない

これがラスト。

 

この

調子に乗らない

は先ほど挙げた全ての項目に共通するマインド。

 

もちろん自分に自信を持つ事も大事だし、謙虚過ぎるのも気持ちが悪い。
しかし、成金みたいな無駄な調子の乗り過ぎは人間性と思考を低下させる。

特に人目に付く「芸能」や「音楽」はそれが分かりやすい。

落ちる時は大抵、調子に乗った時

である。

 

やる気出す方法
【怠け癖を直す!】あなたが怠ける理由とやる気を出す方法 トレーニングをついついサボっちゃう...。 ダンスの練習が面倒になってきた...。 新しい挑戦心が湧いてこない...。 ...

 

メジャーデビューをして学んだこと反省点のまとめ

今回はリアルな心境と反省点を書いてみた。

これは自分しか書けない事なので、参考になれば嬉しい。

 

・調子に乗らない。
・自分の意見をしっかり持つ。
・上の人間と対立する覚悟。
・将来のビジョンへ邁進。

 

勉強させてくれた皆さん、ありがとう御座いました!

 

チーム
ダンスにも生かせる!「マネジメント」と「リーダーシップ」の違いを説明今回は マネジメントとリーダーシップの違い というテーマ。 よくマネジメントとかリーダーシップの本って売ってい...
あなたにオススメの記事!