ダンス

【完全版!基礎〜振付】独学ヒップホップダンス練習メニュー!②

独学で学ぶヒップホップダンス完全ガイド!(後編)

前半①は未経験・初心者向け。
後半②は脱初心者〜中級者向け。

前編「アイソレーションを音の流れで練習」のつづき。
前編①はこちら。

 

独学タイトル画像
【完全版!基礎〜振付】独学ヒップホップダンス練習メニュー!①今回は独学で学ぶヒップホップダンス完全ガイド!(前編) めっちゃボリュームあって①・②に分けたよ。 前半①は未経験・...

 

動画が多いから重かったら許してね!
その代わり動画も厳選して選んだので。

注)PCで観るのがオススメ!

  • 「独学で脱初心者までどのくらいかかるの?」
  • 「独学でイベントに出るにはどのくらいかかる?」
  • 「費用をかけないでヒップホップは習得できる?」

 

早速、記事を見ていこう!⬇︎⬇︎⬇︎

 

リズム系の振り付けに慣れる

次は単発のリズムではなく音の流れを意識して練習。

これは1つ1つ止めて練習せず、振り付けのような流れでやろう。
独学は1人でも楽しめる事が大事だぞ。

 

 

ステップ系の振り付けに慣れる

こちらはガッツリステップ系。

独学には少しハードルが高いけど、1つ1つは基本のステップ。
左下にステップ名があるので、気になったステップを調べて練習しよう。

動画(ユーチューブ)に速度調整があるのでスローで確認してもOK。

 

 

ダンスバトル
ダンスバトルの勝敗を分ける具体的な「勝ち方」と「練習方法」今回は バンスバトルで勝つための「考え方」「練習方法」 について具体的に書いていこうと思う。 ダンサー活動には2つ...

 

その他のダンススキルの知識と練習

ステップ・ノリ以外にもダンス要素はある。
ここではその一部を紹介しよう。

 

これを全部練習しておけば、独学でもある程度の対応力が身につくぞ。
独学には超重要な練習方法がある。

 

それは… 動画撮影して客観的に確認する

 

これを取り入れて全部練習していくと凄い効率的になる。
英語動画が多いけど、観て練習可能だと思うのでトライしてくれい。

 

スライド (ムーンウォーク)

ボディウェーブ

ハンドウェーブ

ターン

タット (手を使ったポージングダンス)

 

ポージングを学ぶ

ポージングというのは、ピタッと動きを止めた時のこと。
特にポップやアニメーションはポージング要素が強い。

 

ダンスの最小単位の表現といってもいい。
ポージングがカッコいい人は、何をしてもカッコいい!

 

こう言っても過言ではない。
独学だとこのポージングの良し悪しが判断しにくいので、動画撮影をして確認しながら練習。

 

下の動画はヒップホップとは違うけど考え方は同じ。
この動きをヒップホップに変えて練習しよう。

 

ポージング

 

学びと反省
【反面教師】メジャーデビューを経験した「学び」と「反省点」4つ今回は少し苦くシビアな話題を書いていこうと思う。 これは 自分に対する反省。 今後同じことを繰り返さない。 同じ...

 

 今のレベルの振り付けに挑戦する

今まで独学で練習した成果を振り付けで確認。
動画を観て自分でコピーできるか?
これが独学卒業のファーストステップ。

 

コピーできたら動画撮影して自分を確認してみよう。
基本ができてないと、振り付けもカッコよくできない。
今までの練習をちゃんとしていれば、このレベルの振り付けはいい感じだと思う。

 

ステップ系なのでノリを意識!

 

稼ぐダンス
「お金を稼ぐダンス」と「お金を稼げないダンス」の違いとは?今回は、 「お金を稼ぐダンス」と「お金を稼げないダンス」の違い について。 まずダンスの現状から説明しよう。 今...

 

今のレベルより難しい振り付けに挑戦

次はスタイル系を入れた振り付けを練習。

スタイル系とはノリではなく細かい音を意識して型で音ハメしていくスタイル。
今は細かい表現が主流になっているので、THE・HIPHOPのノリができたら次はこれを意識。

 

2つとも振り付け自体はシンプル。
独学でここまでいけばもう大丈夫だろう。
ここでもポージング(型)を意識!

 


 

思考センス
【キミは凡人?非凡?】ダンサー思考センスを判断する1つの質問今回は、 凡人ダンサーか?非凡ダンサーか? あなたのダンサー思考センスを判断する1つの質問 というテーマで書いていこう。 ...

 

振り付け練習の補足

独学で振り付けまでいけたら次はダンサー個人のコピー。

 

個人なら「ソロ・バトルの動画
チームなら「チームダンスなどの一部

 

気になった動きやダンサーを部分的に真似していく。
それを自分で撮影と比較。

手の動き・角度・表情・ノリ…

何が違うのか?足りないのか?
これをチェックして練習すると表現力が格段にあがるぞ。

 

決断
【ダンスに飽きたらやめる?続ける?】ダンス歴25年のプロが答える今回は、 ダンスに飽きてしまった!という人へ送ろう。 ダンスを続けるか?やめるか? に関して答えていこうと思う。 そもそ...

 

自分で振り付けを作ってみる

おめでとう!
これが独学最後の課題になる。

オリジナルの振り付けは、今まで練習した動きと自分の感性を取り入れていく。
まずは先に音源を決めよう。

 

MIX音源でなくても大丈夫。
好きな曲や、その半分でもいい。

まずは音を聴いてイメージして、振りを創作イメージすることに慣れていく。

 

テンポ
ダンスの練習に役立つ!音源の音程や再生速度を変えれるアプリ今回は、 ダンスの練習に役立つ!音源の音程や再生速度を変えれるアプリ の紹介。 今から紹介するアプリはダンスでこんな事...

 

オリジナルの振り付けでイベントに出演してみる

さぁ!ここまできたら魅せる側にいこうか。

 

次はステージに挑戦だ。
イベントに出る時は、

・ソロパフォーマンス
・チームショーケース

がある。

2人以上いればチームで。
1人ならソロで出演してみよう。

イベント情報はこちらで。
東京ダンスライフ

 

ダンス独学の習得期間は?

独学はわかった。でもどのくらいかかるの?

こんな疑問にも答えておく。
今までのように項目で書くと簡単だけど1つの項目に最低でも1ヶ月は必要!

しかも、毎日取り組んで

独学は自分のペースになるので、練習をする意思が必要になる。

ちなみに自分が14歳でダンスをやり、初めてイベントで踊ったのは2年後の16歳。
しかも毎日練習をして。

 

スクールに通っても、独学でも、 上手くなるには練習量が必要
そのためには、「意思」と「期間」が必要になる。

 

YouTube ads
YouTube収益化!ダンス動画で収入を得る方法を考察する!今回は、 「YouTube設定を最適化!ダンス動画の再生数を増やす方法 」 この記事の追記。 なので、この記事を先に読むと理...

 

独学の質とスピードをあげる環境とは?

最後に!
独学の質を高めスピードアップする環境つくりを書いておこう。

仲間を探す・作る

結局、独学でも仲間大切!
同じ価値観・意識を持つ仲間がいた方が早い。

 

教えあう。
見せあう。
一緒にイベントに行く。
一緒にイベントに出演する。

 

この全てが整う環境になる。
これは1番のモチベーションになる。

 

魅力アップタイトル画像
【表現力UP!】振付&ダンスの魅力を上げる具体的な4つの意識今回は「ダンス」や「振付」の表現力を上げる4つを教えるよ。 衣装とか道具を使えば即席で上がるけど、今回はそうじゃない。 道具に頼...

 

イベントで積極的に声をかけたり、 こちらのコミュニティサイトを使ってもいいね。

全国の無料広告の掲示板|ジモティー

 

では!
お疲れ様でした!

あなたにオススメの記事