ビジネス

【コツコツ地道に!の罠】努力はいつか報われない。

日本人は、

コツコツと継続!
真面目に!

という行為を美徳とする気質がある。
今回は、コツコツは本当に大切なのか?という内容を書いていこうと思う。

努力はいつか報われない

一発ドカンと当てた人を「一発屋」と小馬鹿にしたり、苦節○○年と芽が出るまであきらめず継続した人を褒め、結果よりプロセスを重視する。

根性!忍耐!精神力!

こんな職人肌の人をリスペクトするのは、個々の価値観であり悪いことではない。

仕事も真面目にコツコツやれば、いつか報われる!
資産運用もコツコツ続ければ、最後に結果が出る!

そんな事を、簡単に言う人も少なくない。
かくいう自分もコツコツ努力するし、決めた事に対してはガッと集中する。
また、そんな人を見ても共感し感動しやすいタイプではある。

 

確かに、継続することで、結果がついてくることがあるのは事実。
しかし、それだけでは不十分な現実になったのなら、それを受け入れ、対応する必要がある。

真面目に働いているだけでは、自分が必要で満足するお金が手に入らない

のであれば、足りないお金を手に入れる方法を具体的に考え、行動しなければいけない。

夢をかなえるゾウ
【夢をかなえるゾウ4】夢を諦める方法。本当の幸せを本気で考える! 今回は、 夢をかなえるゾウの4シリーズ目。 ガネーシャと死神について紹介していこう。 夢をかなえるゾウ...

地道に頑張る自分は大丈夫!

少し前はS&Pなど金融商品の積み立てが話題になっていたけど、それだけでは、老後の不安は解消できない。
正直、月1万円をコツコツ投資しても、ほぼ意味がないのである。

であれば、別の投資の方法も研究・実践しなければいけない。
しかし、

自分はコツコツやっているから大丈夫だ!

と、自分にとって不都合な現実から目を背けてしまうケースが多々ある。
要は、現実逃避をしてしまうこと。

自分が今していることにこだわり、コツコツ、地道に頑張る自分に酔ってしまう。
そして、それ以外のものを柔軟に受け入れることを拒絶してしまう。

このような考え方の罠にハマっている人は、意外に多い。

特に、優等生タイプの人にその傾向が強い気がする。
このようなタイプは、周りが遊んでいた時期に一生懸命勉強をし、地道に結果を残してきた。
という自負があり固定概念が強めである。

過去の自分の間違いを認めるのが怖い。
失敗をすることが恐い。
現状維持にこだわってしまう。

そんなバイアスが強いのである。

Where are you?
【ナニよりドコか】あなたが努力をしても報われない理由努力が結果に結びつかない人には理由がある。「自分の努力が足りない」と自己嫌悪になる前に、自分がいる場所が正しいかを考えてみよう。...

変化は強者

世の中が大きく変化するときは、自分が変わらなくても世界のルールや環境が大きく変動してしまい、相対的な立ち位置が変わってくる。
だから、同じことをやっても、思うような結果が得られなくなる。

もちろん、コツコツも大事。
でも、もっと大切なのは、世の中における変化を客観的に俯瞰することだと思う。

自分の価値観や固定概念にとらわれず、大きな視野で考え行動すること。
新型コロナ、ウクライナ戦争、震災など、世界の大きな転換点である今こそ、リアルに感じる毎日が目の前に広がっているのだから。

強い者、頭の良い者が生き残るのではない。変化するものが生き残るのだ
by ダーウィン

______________________________________

【 書籍紹介 】

迷路のなかに住む、2匹のネズミと2人の小人。
彼らは迷路をさまよった末、チーズを発見する。

チーズは、ただの食べ物ではなく、人生において私たちが追い求めるもののシンボルである。

ところがある日、そのチーズが消えた!
ネズミたちは、本能のままにすぐさま新しいチーズを探しに飛び出していく。
ところが小人たちは、チーズが戻って来るかも知れないと無駄な期待をかけ、現状分析にうつつを抜かすばかり。

しかし、やがて一人が新しいチーズを探しに旅立つ決心をするのだった…。

単純なストーリーだが、状況変化への対応を説いたビジネス書として、各国でベストセラーとなった注目の書。

アナタの人生は確実に変わる!

チーズとネズミ
【チーズはどこへ消えた?】有名書籍で学ぶ人生の考え方と歩み方今回は意識高い系の話題。 これはダンスを仕事にする上でも、人生の中でも役立つ考え方なので是非! 早速、記事を見ていこう!...

 

『チーズはどこへ消えた』の続編⬇︎
チーズを探しに行った、その後の物語…。

『チーズはどこへ消えた?』では語られなかった閉塞した状況を打破し、世界の変化に対応するための「6つの絶対法則」とは?
人生と仕事の変化に適応する道を示す、究極の迷路「脱出」思考法。

こちらもオススメの記事