ビジネス

成功者の真似をする!の本質とは?

「成功したければ成功者のマネをしろ!」
と、よく言われる。

これは、あなたも聞いたことがあると思う。
でも、実はこれには陥りやすい落とし穴あるのだ。

今回は、その理由と本質について書いていこう。

成功者のどこをマネるのか?

大体の人は、

自分にとってラクなことだけマネをする

人が多い。
成功者のイメージは、

「いい服を来て、いい物を食べて、いい所に泊まっている」

こんなイメージが多いと思う。
また、

「成功者がいるところに顔を出して、成功している気分を味わうと成功に近づく」

こんな言葉すらある。

これで成功できるなら苦労しないわ!
という感想は正直、誰でも思うだろう。

でも実はこれ、実行する人が凄い多いのも事実なのである。
この理由は、

誰でも、すぐに行動に移せるから。

 

要は「誰でもやれる」という事。
あと、実行されやすい例としては、

「タクシーを使って移動時間を削減する」

「グリーン車に乗って移動時間も快適な環境で仕事する」

「年会費がかかってもマイルのたまりやすいカードを持つ」

なども、実行している人は多い。
しかし、

●集客のスタートに2ヶ月でブログ100記事書いた!

●ひたすら異業種交流会周りして、名刺1000枚集めた!

●自分のコンサル分野の本、100冊読んでから初コンサルした!

●とりあえず仕事受注して、死ぬ気になって勉強しながら納品した!

などの、

面倒!つまらない!飽きる!やりにくい!

という正攻法エピソードはマネされない、または途中で挫折してしまうもの。
でも実は、そこにこそ!

成功のヒミツ(本質)

が隠されているのである。

Where are you?
【ナニよりドコか】あなたが努力をしても報われない理由努力が結果に結びつかない人には理由がある。「自分の努力が足りない」と自己嫌悪になる前に、自分がいる場所が正しいかを考えてみよう。...

優雅な白鳥も足をバタバタしている

白鳥など優雅に水面をただよう鳥達は、見えない水面下では足をバタバタさせて浮いている。

どんな成功者でも、みんな地道な業務と泥臭い作業を必死にしており、その行動力、実行力があるからこそ成功したのである。

これが、この世の真理。

優雅さ、贅沢さだけマネたら、自尊心は満たされラクだし楽しいだろう。
でも、あなたはそのまま変われない。

見えない部分」をどれだけ見ようとして、自分のモノにするか。

これが成功者の本質であり第一歩なのだ。

 

【書籍紹介】

本書の著者である「森岡毅」氏は、経営難に陥っていたユニバーサル・スタジオ・ジャパンや丸亀製麺を立て直した人物として知られ、株式会社刀代表取締役CEO。
日本を代表するマーケターである。

「何をしたいのかわからない」
「今の会社にずっといていいのか」

と悩むあなたに贈る必勝ノウハウ。
後半の怒涛の展開で激しい感動に巻き込む10年に1冊の傑作ビジネス書!

第1章 やりたいことがわからなくて悩む君へ

第2章 学校では教えてくれない世界の秘密

第3章 君の強みをどう知るか?

第4章 君自身をマーケティングせよ!

第5章 苦しかったときの話をしようか

第6章 自分の「弱さ」とどう向き合うのか

こちらもオススメの記事