ダンス

【ウェーブの種類と練習方法】プロダンサーが具体的に解説する!

今回は、ダンススキルの1つ

ウェーブの練習方法をご紹介しよう。

 

・そもそもウェーブってなに?
・ウェーブの種類は?
・良い練習方法はあるの?

 

こんな解説をしていきたいと思う。

ウェーブにはハンドウェーブから全身を使うボディウェーブ、マニアックなウェーブまである。

分かりやすいレクチャー動画もあるので、解説と共にシェアしていくのでお楽しみに!

 

独学タイトル画像
【完全版!基礎〜振付】独学ヒップホップダンス練習メニュー!①【独学完全版!ダンス練習】ダンス歴25年のプロが伝授!ダンスを独学で上達させる具体的なコツとアドバイス。レベルに合わせた練習動画を紹介!あなたの練習法は大丈夫?ダンスが上手くなるための意識とは?...

 

ウェーブとは?

ウェーブはダンスの基本的な技の1つ。

その名の通り体に”波”が流れているように見せる技で、ダンスの基礎的な動きである”アイソレーション(体の一部分だけを動かす動作)”を組み合わせて作り出すムーブ。

波のような動きなので、見た目はウネウネとした滑らかなダンスになる。

またストロボ写真のように”カチカチ”とした止める要素を用いたウェーブなどもある。

 

元々はポップ(ポッピング)と言われるダンスジャンルのムーブの1つとで知られたが、現在ではアニメーションを軸にヒップホップ含めたストリートダンスにおいてポピュラーなムーブになる。

このように、
どのダンスジャンルでも多用されるので技の変化・進化は著しい。

 

dance-basicsタイトル画像
【完全版】ダンス基礎用語から上達までの流れと意識や練習方法!約6分で読めます。 今回は、ダンスの基礎用語から上達までの流れを書いていこう。 「ダンスの基礎ってな...

 

ウェーブの種類

ハンドウェーブ

ウェーブの中でも、恐らくもっともポピュラーな技がハンドウェーブ。

手だけで波を作りだす動きで、

 

「右から左へ」「左から右へ」通したり、
「中に流す動き」「外に流す動き」などを応用する。

 

ダンス経験者でなくとも1番練習しやすく体感しやすいムーブだろう。

 

 

フィンガーウェーブ

ハンドウェーブの1種だけど、ハンドウェーブは腕全体。
こちらは指のウェーブになる。

 

指は1番関節が多いので、他の部位より細かいウェーブを通すことが可能。

その分コントロールも難しくなるが、これを習得できるとハンドウェーブを一段階進化させる事が可能になる。

 

 

ボディウェーブ

ボディウェーブは体全体にウェーブを通すムーブである。
様々なレパートリーがあり、基本的は縦と横に大きく流すウェーブが多い。

ヒップホップでは大まか(雑?)に通す場合が多く、ポップなどではより細かく通すことが多く”不思議さ”を表現する事が多い。

 

縦のボディウェーブ⬇︎
(頭→下半身・下半身→頭に流す上下の動き)

 

 

横のボディウェーブ⬇︎
(正面を向いたまま体の側面を流す動き)

 

 

タッチウェーブ

タッチウェーブは、手を添えたり触れた部分に波が流れるように見せるムーブ。

あらゆるパーツに動きを出すので、ウェーブの応用技とも言える。
その分、不思議さが増すのでダンスの表現力は格段に上がる。

 

 

sense-of-danceタイトル画像
未経験でもダンスのセンスが判断可能!その4つのポイントとは?【ダンスセンス】ダンス歴25年のプロが伝授!ダンスのセンスを判断するポイントを具体的にアドバイス。未経験、初心者でも判断可能!...

 

その他のウェーブ

ウェーブの上級レベルになると意味がわからないレベルで動かす事が可能になる。
いくつかみていこう。

 

ひじのウェーブ

ひじも動かし方によって、ハンドウェーブとは違う動きに見える。
もの凄く繊細な意識なのでマニアック!

 

 

トルネードウェーブ

ひじのウェーブに慣れてくると、このような渦巻き上にウェーブが流す「トルネードウェーブ」も可能。

これは特に”フィンガーウェーブの基本”がないと滑らかさが出せない。

 

 

胸から僧帽筋のウェーブ

このウェーブはかなりマニアック!
このような意識があると、動きに立体感が出る

ある意味、
関節や筋肉がある箇所ならウェーブを流す事が可能なのかも?

 

 

振りが覚えられないタイトル画像
【完全版】ダンスの振り覚えが悪い理由とは?練習方法とメニュー【振り覚え】ダンス歴25年のプロが伝授!振り覚えが悪い理由と練習法。振り覚えには2タイプいる!あなたのタイプを知って効率よく振付を覚えよう!...

 

どこでも出来る!効果的なウェーブの練習方法

ここではハンドウェーブの練習方法について説明していこう。

 

先ほどもハンドウェーブ動画を紹介したけど、さらにレクチャーに特化したものを見て欲しい。

海外のもので英語だけど視覚的でとてもわかりすい。
実際に動画をみながら練習してみよう!

 

 

シンクロタイトル画像
【シンクロ率UP!】振付とダンスの動きを揃える練習方法とは?今回は 振付の動きを揃えたい! そんな要望に応えるよ。 ダンスコンテストや発表会。 気合の入った余興、イベントなどに...

 

具体的なハンドウェーブの説明

アウトサイドハンドウェーブ

(体の中から指先の外へ流す)

 

肩→肘→手首→指先

 

この順番に関節を1つずつ、肩の高さに合わせるような感じで動かしていく。

最初は流さず、1つ1つの型をしっかり止めて確認する事で綺麗になる。

 

慣れてきたらリズムをつけて1つずつ行う。
さらに慣れてきたら順番を守って流すようにウェーブ通してみる。

 

インサイドハンドウェーブ

(指先から体の中へ入れる)

次は外側(指先)から体の中へウェーブを入れる動きも合わせて練習しよう。

 

内側へ入れる動きは、前述した逆の順番になる。

 

指先→手首→肘→肩

 

このときに動かした関節部に山ができるようにみせるのがコツ。
(鏡を見たり動画撮影する練習すると良い)

これらに慣れてきたら「アウトサイド」「インサイド」を”片腕のみ”で交互に練習してみよう。

 

そして、次はリズムをつけて1つずつ。
さらに慣れてきたら全部をつなげるようにウェーブを流そう。

 

片手で滑らかにできるようになったら、次は両手を使い

右手→左手
左手→右手

という感じで両手を通してウェーブを流していく。

 

流す順番は、

指先→手首→肘→肩→反対の肩→肘→手首→指先

となる。

 

これは右手、左手どちらから始めても同じ流れになる。
これも慣れてきたらリズムをつけて1つずつ、もっと慣れてきたら全部をつなげるように!

以上、ハンドウェーブの練習ポイントを書いてみた。

 

ダンスの練習は慣れるまでは、必ず鏡や自分の姿を確認しながら行う事。
そして動画で撮影して自分の動きを客観的に観察しよう。

 

ダンスバトル
ダンスバトルの勝敗を分ける具体的な「勝ち方」と「練習方法」今回は バンスバトルで勝つための「考え方」「練習方法」 について具体的に書いていこうと思う。 ダンサー活動には2つ...

 

ウェーブの種類と練習のまとめ

ウェーブはストリートダンサーにとって基本のスキル。

ジャンルは関係ないのでダンスを初めたい人・上手くなりたい人は必ず練習しておきたい。

 

稼ぐダンス
「お金を稼ぐダンス」と「お金を稼げないダンス」の違いとは?今回は、 「お金を稼ぐダンス」と「お金を稼げないダンス」の違い について。 まずダンスの現状から説明しよう。 ...
思考センス
【キミは凡人?非凡?】ダンサー思考センスを判断する1つの質問今回は、 凡人か?非凡か? あなたのダンサー思考センスを判断する1つの質問 というテーマで書いていこう。 ダ...

 

あなたにオススメの記事!